ジェットコースターの克服方法!急降下を克服するには?

遊園地での人気のアトラクションといえばメリーゴーランド、急流すべり、サーキットなどいろいろありますが、上位を占めるもののひとつに挙げられるのがジェットコースターですね。

人気とされる反面、ジェットコースターは苦手という方も意外と多いようです。

ジェットコースターを苦手とする理由に、上昇はまだ大丈夫だけれども、急降下が苦手という意見をよく聞きます。

ジェットコースターの急降下の克服法や克服方法があるといわれています。

急降下の克服法や克服方法で苦手を克服すれば、ジェットコースターを楽しめ、もっと遊園地を満喫できるかもしれませんね。

今回はジェットコースターの克服方法、急降下の克服法をご紹介します。

【スポンサードリンク】

ジェットコースターの克服方法

ジェットコースターの克服方法をご紹介する前に、まず苦手とする理由を考えてみたいと思います。

ジェットコースターが苦手という理由としてあげられるのは

・ふわっとする感じが嫌い

・高所恐怖症だから

・超高速スピードが怖い

などではないでしょうか。

ふわっとする感じはまさに、身体の中で内臓がふわっと浮いているような感じで、気持ちが悪くなるという方が多いのではないでしょうか。

高所恐怖症の方は、上昇したり急降下する直前に頂点で一瞬ジェットコースターが停止する時など、想像するだけで足元がガクガクするという方もいらっしゃいますね。

超高速スピードで所狭しと駆け回り、と思えば急に停止する、身体は前に後ろに左右に揺れて痛いやら落ちそうな感覚があり、好きになれないという意見も聞きます。

同じジェットコースターに乗っても、楽しそうに何度もリピートしている人もいます。

ジェットコースターの苦手を克服すれば、遊園地ももっと楽しくなるのは間違いありません。

苦手とする理由を踏まえて、続いて具体的な克服方法をみていきましょう。

【スポンサードリンク】

急降下の克服法とは?

今回は3つの方法をご紹介します。

まずは、内臓がふわっと浮く感じを克服するための方法です。

簡単な方法ですが、お腹に力をぐっと入れます。

おへそを内側にへこませるようにし、呼吸は腹式呼吸をします。

呼吸を止めてしまわず、大きく腹式呼吸をするようにすると内臓が固定されたままになり、ふわっとする感じが緩和されます。

次に目についてです。

怖い、恐怖を感じると人間は目を閉じてしまいますが、目は常に開けておきましょう。

目を閉じてしまうとジェットコースターの次の動きが全く読めなくなり、恐怖心を余計にあおる結果となってしまいます。

目線も下向きではなく遠くを見たり、余裕が出てきたら園内の景色を見るようにするといいかもしれません。

最後に声を出すことです。

ジェットコースターの動きに合わせて、「右だ、今度は下だ」などと言うとジェットコースターの動きに対して心の準備もできます。

ただ叫んでいるだけでもストレスも発散されます。

簡単な方法ばかりですので一度お試しください。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ