ジャガイモの芽の毒性!どんな量食べたらどんな症状が出るの?

bcdbb7a9514ed2ca7907abced6af5830_s
ジャガイモは子供も大人も好んで食べるポピュラーな野菜の一つです。

食べるとホクホクしてとても美味しいですよね!!

そんなジャガイモですが、芽の部分には毒が含まれているのは有名な話だと思います。

日頃から料理している方は知っている方も多く、みなさん芽の部分を取り除いて使っているでしょう。

ですが、ジャガイモの毒性について詳しいことは知らない方も多いのでは無いでしょうか?

また実は、ジャガイモは扱いを間違えると、芽以外にも毒を発生させてしまうことがあるんです!

・ジャガイモの芽には具体的にどんな毒性があるのか?
・どれくらいの量を食べたら危険なのか?
・毒によってどんな症状が出るのか?
・芽以外の毒性について!

などなど、今回は、このあたりのジャガイモの毒性について詳しく見ていきましょう!

【スポンサードリンク】

ジャガイモの芽にはどんな毒性があるの?

f5560b701f4f8a8baeebf4023d42f2f7_s

ジャガイモの芽には「ソラニン」や「チャコニン」という名前の有毒物質が多く含まれています。

「ソラニン」や「チャコニン」は神経毒の一種です。

食べてしまうと様々な症状を引き起こしてしまいます。(具体的な症状は後ほど説明します)

前は二つ合わせてソラニン類と呼ばれていましたが、今はポテトグリコアルカロイドと呼ばれています。

ジャガイモの芽の毒性は意外と強い!

ジャガイモは身近な食べ物です。

そのため「大量に食べたら危ないかも知れないけど少量なら平気でしょ」なんて思っていませんか?

ジャガイモの芽に含まれている毒を甘くみてはいけません!

なんとサリンに似た作用を神経に及ぼすのですから!

毒によって体に出る症状は重く、最悪の場合死に至ります。

必ずジャガイモの芽は取り除くようにしましょう!

【スポンサードリンク】

どれくらいの量を食べたら危険なの?

c82f8df7467c478cce9dcb07ba24fcbc_s

ジャガイモの芽に含まれる毒は体重50kgほどの大人の場合、約50mgで中毒症状が出てくる可能性があります。

子供の場合は大人の10分の1ほど摂取しただけで、中毒になる可能性があります。

150~300mg位になると死に至る可能性もあるので、十分注意しましょう。

自分で栽培したジャガイモは特に注意!

6f60542e48f1c6c60343df42f4453b5a_s

家庭や学校でジャガイモを栽培することもあると思います。

そんな時は「緑色のジャガイモ」や、「未熟で小さいジャガイモ」も多く収穫されると思います。

実はこれらの未熟なジャガイモは要注意です。

このようなジャガイモを皮ごと食べた場合、毒の量が6倍近く含まれてしまう場合もあるそうです。

皮ごとと説明した理由は、毒であるソラニンやチャコニンのほとんどが皮の周辺に集中しているためです。

大人は「未熟な皮付きジャガイモ」を1~2キロ、子供は1個でも食べたら危険です。

未熟なジャガイモの芽や皮に含まれている毒がこんなに強いものだなんて恐ろしいですね。

芽以外にも毒性が!?

267125

「冷蔵庫で保存したジャガイモ」は、高温で炒めたり、揚げたりすることにより「ある物質」を作り出すことが分かっています。

それは発がん性物質のアクリルアミドと呼ばれるものです。

アクリルアミドは毒物として指定されており、神経毒性、肝毒性があるそうです。

ジャガイモを高温で調理する場合には、冷蔵庫に入れていないジャガイモを使うようにしましょう。

これは意外に知らない人も多いのではないでしょうか?

これを期にジャガイモの芽意外の毒性にも注意していきましょう!

ジャガイモの毒でどんな症状がでてくるの?

c76b534ab6895cb6d859047ac4838bca_s

ジャガイモの芽の毒性は強く、食べてしまった場合早くて20分後には症状が表れます。

食中毒の症状は頭痛やめまい、吐き気、嘔吐、腹痛、下痢などで、最悪の場合死に至ります。

海外ではジャガイモの毒による死亡事故も実際に発生しています。

いつも食べているジャガイモで死にたくはないですよね!!

ではどんな事に注意すればいいのか見てみましょう。

ジャガイモを食べる時の注意点

8c1991dac4a9193b9ea9f345f3aa6cf0_s

・芽が出ているジャガイモや緑色のジャガイモは買わない。

・ジャガイモを保存する場合は、日光やライトの当たらない冷暗所におきましょう。

・芽が出た場合はその部分をしっかりとえぐりましょう。

・小さなジャガイモは使わない。

・皮周辺に毒成分が多く含まれているため、皮付きのままの調理はさけましょう。

・発芽が進みすぎたものは食べない

・苦味やえぐみを感じたらすぐに食べるのをやめましょう。

緑色のものはソラニンやチャコニンの毒性が増加しています。

特に未熟なジャガイモは緑化速度が速いです。

また冷暗所に置くことで、芽が出たり、変色したりするのをある程度防げます。

以上の点に注意してジャガイモを食べましょう!!

その上で、毒による症状が出た場合は早く病院にいきましょうね!

まとめ

bcdbb7a9514ed2ca7907abced6af5830_s

いかがでしたか?

ジャガイモの毒による様々な症状や死亡例までありましたね。

ですが、毒があるからもう食べないなんて言わないで下さい!

正しく食べれば健康に良い食べ物なのは事実です。

きちんと気をつけていけば毒のことを気にすることもなく、今まで以上にジャガイモを美味しく食べれることでしょう。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ