油性ペンの落とし方!机や床、洋服や靴ごとの落とし方!

油性ペンは水に溶けにくい成分を使用していて、水に濡れたり擦れても簡単には落ちないのが特徴です。

とても便利な油性ペンですが、服や机、床などをうっかり油性ペンで汚してしまって、落とし方が解らずに諦めた経験はありませんか?

実は油性ペンの汚れは早いうちであれば、素材に合わせた落とし方を選ぶことで、キレイに落とせることがあります!

ここでは机や床、洋服や靴など素材に合わせて、油性ペンの汚れの落とし方をご紹介します。

油性ペンで誤って書いてしまった机や床の汚れ、うっかり付けてしまった洋服や靴の油性ペンのシミなど、ぜひご紹介する落とし方を試してみてください!

【スポンサードリンク】

机や床の油性ペンを落としたい!そんなときは?

机の上に誤って書いてしまったり、床についてしまった油性ペンの汚れの落とし方としておすすめは、消毒用エタノールや除光液で落とす方法と、プラスチック消しゴムでこする方法です。

油性ペンのインクを水に溶けないようにする成分「酢酸エチル」は、アルコールで溶かして落とすことができます。

消毒用エタノールや除光液をガーゼなどにたっぷりと染み込ませて、油性ペンの汚れを上からそっと拭き取ってください。

ただし、フローリングや机は表面の塗装が落ちて変色してしまう場合があるので、事前に目立たないところで試し、強くこすり過ぎないように注意して行うようにしましょう。

エタノールや除光液が無い場合や変色の心配がある場合は、油性ペンの上からプラスチック消しゴムを掛ける落とし方がおすすめです。

ガラスや机、床など表面に塗装がされていて水が染み込みにくい材質は、消しゴムを掛けることで落とすことができます。

【スポンサードリンク】

洋服や靴についてしまった油性ペンの落とし方

洋服や布についてしまった油性ペンの汚れも、消毒用エタノールや除光液でインクの成分を溶かして落とす方法がおすすめです。

洋服の場合

まず、油性ペンで汚してしまった部分を下向きに、あて布の上に起きます。

次に、裏側から少しずつ消毒用エタノールを汚れた部分に垂らして、ガーゼや布で軽く上から叩き、ペンのインクをあて布にうつしながら汚れを落とします。

靴でも布製であれば同じように、消毒用エタノールを染み込ませてインクを落とすことができます。

革靴の場合

革の靴の場合、表面が水の染み込みにくい加工がされていれば、プラスチック消しゴムで落とす方法や、消毒用エタノールなどで拭き取る方法で落ちることがあります。

こちらも事前に目立たないところで、エタノールや除光液で布に変色が無いか試してから行うようにしてください。

ただし、油性ペンの色や量、経過時間、布の種類によっては完全に落とすことができず、かえって目立つシミになってしまう場合があります。

また油性ペンのインクは、時間が経過してしまうと更に落ちにくくなる傾向があるため、対処は早めに行いましょう!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ