指のイボの原因と治し方!痛いイボの正しい治し方は?

指にできたイボは痛いし、かゆいし煩わしいですよね。。

気にしないようにしても、ふと指のイボに触った拍子に痛いので思い出してしまいます。

原因や治し方がわからない場合、放置することになると思いますが、煩わしくて嫌になってしまう人も多いでしょう。

日頃痛い指のイボを、一瞬痛いのを我慢してでも潰す治し方をする人もいるでしょう。

ただちょっと待ってください。

それは指のイボの正しい治し方なのでしょうか。

そもそも指のイボの発生原因はなんなのでしょう?

今回は指のイボ、その発生原因と治し方を記事にしました。

煩わしい指のイボの正しい治し方・原因を一緒に学んでいきましょう。

【スポンサードリンク】

イボの発生原因

手の指にできたイボはウィルスが原因の可能性が高いそうです。

ウイルスが原因だということは人に感染することもあるということですね。。

電車の吊革、手すりなどに触れたことや、プールに入った時などが原因で感染することがあるそうです。

こんな痛いし面倒な指イボを家族や知り合いに移すわけにはいきません。

正しい治し方を学んで指イボを素早く治しましょう。

最近は様々な治し方がありますので、自分に合った方法を選択してください。

イボの治し方について

手の指にイボができると、それが当たって痛みが生じます。

また痛みがなくても、いつも見えるところにありますのでとても気になります。

しかし、イボは痛みを伴うだけでなく人に感染することもあります。

ウィルス性のイボであれば、他人と接触することで感染するリスクがありますので注意してください。

このイボの治療法には様々な方法がありますが、それぞれのイボの症状によって治療法が異なります。

そのため自分に合った方法で行うことが大切です。

イボの治療は皮膚科など専門クリニックで行う方法と、自宅でできるものがあります。

それぞれの方法の中から選択してください。

【スポンサードリンク】

専門クリニックでの治療

皮膚科など専門クリニックで行う場合、レーザー治療が治し方として良く行われます。

クリニックによって治療内容は異なりますので、まずはその内容を確認してください。

レーザーでの治療法は効果が高いので、多くのクリニックで行われています。

しかし、イボのレーザー治療は保険が適用されませんので、治療費が高くなることがありますので気をつけてください。

ただこの方法は局所麻酔を行いますので、他の治し方と比べて痛みは軽減されます。

また出血もあまりなく、傷跡が目立ちにくいのも大きな特徴といえます。

そして専門クリニックでは、電気焼灼療法も行っています。

これは電気メスを使用してイボを焦がし、その後に取り除く療法です。

電気焼灼療法は、イボの跡が残ることもあります。

自宅での治療法

イボの治療は自宅でも行えます。

自宅での治療は、人によっては効果がないこともあのますので注意してください。

しかし自宅治療で改善された方も多いので、一度試してみる価値はあります。

イボが気になる方はぜひ一度お試しください。

様々な方法がありますが、代表的なものは次のものです。

「ハトムギ茶」、「タンポポなどの草の汁を塗る」、「イボコロリ」、「ヨクイニン錠」、「木酢液」などがあります。

その他にもイボに効く薬がありますので、ドラッグストアなどで相談してみると良いでしょう。

イボは専門クリニックと自宅、それぞれでの治し方がありますので最適な方法を選択してください。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ