職場の人間関係がストレスに?良好な距離感を学んで解決しよう!

仕事の内容とは別に、職場の人間関係に悩みやストレスを感じているという人は多いようです。

もし人間関係のストレスが原因で転職を考えているなら、仕事を辞める前に解決方法を探してみるのはいかがでしょうか?

人間関係を良好に保つために、大切なのは距離感です。

距離感を上手にコントロールできないことで、ストレスを溜め込んでしまいがちの人は職場を新しくしても同じ状況に陥りやすく、失敗した経験のみが積み重なり悪循環になってしまいます。

ここでは、良好な人間関係を作るための距離感やヒントをまとめてみました。

【スポンサードリンク】

こんな人は要注意!人間関係でストレスを感じやすい人

適応能力が高く、初対面の人と打ち解けるのが早かったり、気配りができる人ほど長く職場にいることで、人間関係にストレスを感じるようになる傾向があります。

気配りができる人ほど、深読みや思い込みで判断をして、余計な苦労をする場面があります。

また、打ち解けやすい人はプライベートな話しを相手にすることに抵抗感が薄く、自己開示を繰り返すことで気付かないうちに、職場での関係以上に距離を詰めて、相手への期待度や依存度が高くなっていく危険があります。

本来であれば一定の精神的なパーソナルスペースがあるはずですが、人間関係でストレスを感じやすい人は、相手への期待や依存が高まり、仕事とプライベートの気持ちの切り替えが出来ずにストレスの原因になっている場合があるのです。

【スポンサードリンク】

職場で良好な人間関係を保つ距離感とは?

職場の人間関係を良好に保とうとすればするほど、ストレスを感じる人は仕事上の関係以上に距離感を詰めすぎてしまっている可能性があります。

解決するには、ただ単純に距離を離せばいいというわけではなく、丁寧な話し方や気配りを大切にした上で適切な距離感を保つことが大切です。

期待や依存性の高い関係を回避するために、愚痴や影口に対して相手の言うことをすべて肯定することは危険ですが、会話そのものを避ければかえって相手へのストレスになり関係性が悪化します。

愚痴や自分が思ってもいないことに対して、無理に肯定はせず相手の気持ちに同調する言葉選びをするように心がけましょう。

職場での人間関係にストレスを感じる場合、気持ちをリセットして気分転換できる活動拠点を一つ作ることもおすすめです。

地域の活動に参加してみたり、スポーツジムに通ったり、習い事を始めるなど新しい人間関係を広い視野で構築することで、生活習慣や職場での人間関係、仕事量の見直しも客観的にできるので、良好な距離感を保つことができるようになります。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ