ビールで太る原因と理由!太らない方法を知ろう!

冷たいビールがおいしい季節になりました。

よく冷えたヒールを寝る前にグビグビと飲む、理由なく至福の時ですね。

しかし、ビールは太る原因や理由だと聞きませんか?

なぜ太る原因とされているのでしょうか?

ビールで太る原因と理由はなんでしょう?

原因や理由はビール含まれる糖質を寝る前に摂るからなのでしょうか?

太らない方法はないのでしょうか?

今回は、なぜビールが太る原因や理由とされているのか?

その原因と理由、そして太らない方法をまとめました!

太らない方法・ビールで太る原因と理由を一緒に学びましょう!

【スポンサードリンク】

太る原因はビールの糖質?

ビールを始めアルコールにはもちろんカロリーが含まれています。

このカロリーの3分の2はアルコールのカロリーで、残りの3分の1は糖質のカロリーです。

アルコールのカロリーはエンプティカロリーといわれていて、いわゆる空っぽのカロリーで、体内で脂肪に変わらないため太らないカロリーといわれています。

ただし、残りの3分の1の糖質のカロリーはもちろん体内で脂肪に変わるため、太る原因となります。

350mlのビール1缶に50キロカロリーほどの糖質のカロリーが含まれています。

3缶であれば150キロカロリーを寝ている間に消費しなくては脂肪に変わってしまい、太ることになります。

【スポンサードリンク】

太らない方法は?

太らない方法について考えていきましょう。

・ビールも適度な量にし、つまみも工夫する

簡単なことですが、飲み始めるとついつい量が増えてしまいます。

50キロカロリーの糖質のカロリーは1時間寝ると消費されます。

150キロカロリーであれば3時間の睡眠が必要です。

ただし、つまみを食べない場合です。

つまみを食べるとその分のカロリーも発生しますし、つまみを食べながら飲むと、またビールの量も増えますね。

つまみも味の濃いものや脂っぽい食べ物がビールに合うため準備しがちですが、枝豆や豆腐など低カロリーのものに変えるなどの工夫をすると良いでしょう。

・糖質オフの発泡酒や新ジャンルのビールに変える

糖質オフやプリン体オフをうたった商品もたくさん売られていますね。

ビールとは違いますが、ビールテイストであることは間違いないため、身体のことを考えて寝る前は糖質オフのものを選んでも良いかもしれません。

・シメのラーメンと翌日の食事に気を付ける

シメはラーメンという声もよく聞きますね。

翌日の朝から炭水化物をモリモリと食べたい衝動に駆られる人も多いと聞きます。

ビールを飲んだ後にカップラーメンなどを食べると、カロリーオーバーは必然です。

眠ったぐらいではカロリーは消費されません。

ビールをたくさん飲むと身体の体温が下がり、基礎代謝も落ちてしまいます。

基礎代謝が落ちると満腹中枢にも影響が出て、いつもよりたくさん食べないと満腹感を得られなくなりますので注意してください。

気分転換でおいしいビールを飲むのも良いですが、量や飲み方に気を付けて太らないように楽しみましょう。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ