結婚式のご祝儀の金額は?友人、親族では相場が違う?書き方や渡し方!

結婚式の金額や相場、気になりますよね!

友人と親族ではご祝儀の金額相場が違うことをご存知でしたか?

また、ご祝儀袋の書き方や渡し方もマナーがあります。

大切な友人、親族の結婚式で恥をかかぬようご祝儀の書き方や渡し方もご教授いたします!

難しいことではないですが、大切なことなので本番前に備えてシュミレーションしてみてください。

【スポンサードリンク】

ご祝儀袋の選び方・書き方

○ご祝儀袋について○

結び切りまたはあわじ結びのものを使います。

この2つは、解きにくい(ほどけにくい)水引きなので結婚のご祝儀袋は必ず、この2つのどちらかを使いましょう。

蝶結びのご祝儀袋は、簡単にほどけるので結婚にはNGです(出産などなんども繰り返しお祝い出来ることに使います)

○書き方について○

筆ペンか毛筆が一般的で、ボールペンは避けます。

毛筆や筆ペンが書きにくい場合は、サインペンを使用しましょう。

そして、中袋(中包み)の表に包んだ金額を漢数字で記入し、裏に住所・氏名を記入します。

市販のものは大体、記入欄が印刷されているのでそれに沿って書けば大丈夫です。

○お金の包み方○

新札で、お札の人物を封筒の金額が書いてある側に向けて、顔が封筒の上にくるように包みます。

気になる金額の相場は?

友人や職場関係の方は3万円が相場です。

親族の場合は5万以上が相場となります。

一昔前は2で割り切れる数は離婚を浮かべてしまうことからNGでした。

今は、そういった意識は薄くなってきましたが年配の方にはあまり良いイメージが無いため、やはり3万円以上が相場となります。

また、4万・9万(死や苦)も縁起が悪い数字なのでNGです。

あなたがもし、新郎新婦さんよりも先に結婚式をしている場合はその時に頂いた金額の同額を包むのも波風が立たないのでオススメですよ。

【スポンサードリンク】

ご祝儀の渡し方

お金を包んだご祝儀袋を袱紗(ふくさ)に包んで渡します。

袱紗の色は結婚式などのおめでたい時は赤または紫です。

紫は、お祝いごとと、弔事の両方で使えますので一つ持っていると重宝できますよ。

袱紗に包んだご祝儀袋を取り出し、袱紗を畳んでその上にご祝儀袋を置き受け付けの方に向かって両手で渡します。

その際に、お祝いの一言や招待についてのお礼を伝えると良いですよ。

また、袱紗の置き忘れに注意しましょう!

■親しき仲にも礼儀あり!マナーは大切!■

どんなに親しい親族や友人でも、礼儀はきちんとしましょう!

細かいマナーがあるので覚えるのは大変ですが、マナーを守ることは相手への敬意を表すことになるとともに、自分の印象も関わってきます。

普段の付き合いはくだけた間柄でも、冠婚葬祭の時などは、キメるところはしっかりキメましょう!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ