丑三つ時とは何時なの?なぜか幽霊の話でよく見る理由!

b2d60d30d0662b4f5ce673a17bdecb52_s

丑三つ時(うしみつどき)という言葉をたまに聞きますよね?

たとえば幽霊がでるホラー小説などで「丑三つ時」という時間の表現をよく見かけませんか?

今回は、そんな「丑三つ時」とは一体何時の事を指すのか?

そして、なぜかよく見る幽霊と丑三つ時の関係性、その理由も探ってみました!

それでは、「丑三つ時」について一緒に見ていきましょう!

【スポンサードリンク】

丑三つ時の時間はいつ?

現在の時間で言う午前3時が「丑三つ時」に該当します。

次になぜ「丑三つ時」なんて名前がついているのか?その理由を見ていきましょう!

丑三つ時の由来は十二支!

ceb5ad98cb38982e519cfcc65e38fecb_s

「草木も眠る丑三つ時」と一度は聞いたことがありませんか!?

丑三つ時とは一体何時のことなのでしょうか?

その由来は、実は「十二支」から来ています!

実は昔は、24時間を十二支で表していたそうです。

干支で時間が分かるとは、よく昔の方は考えられましたよね。慣れなんでしょうか?

【スポンサードリンク】

十二支が由来の理由!

昔は十二支で細かく細かく、区切って時間を表現していました。

1つの干支は2時間で表します。ちょうど以下のような具合です。

子・・・23時 〜 1時
丑・・・1時 〜 3時
寅・・・3時 〜 5時
卯・・・5時 〜 7時
辰・・・7時 〜 9時
巳・・・9時 〜 11時
午・・・11時 〜 13時
未・・・13時 〜 15時
申・・・15時 〜 17時
酉・・・17時 〜 19時
戌・・・19時 〜 21時
亥・・・21時 〜 23時

そして十二支をまた4等分した時間で詳細時刻を表していたそうです。

4等分した時間は、「1刻・2刻・3刻・4刻」もしくは「一つ時・二つ時・三つ時・四つ時」とも呼ばれていました。

具体的には以下のような感じです。

子一つ時・・・23時00分〜23時30分
子二つ時・・・23時30分〜0時00分
子三つ時・・・0時00分〜0時30分
子四つ時・・・0時30分〜1時00分

1つの区切りが30分だと1との干支が2時間の計算と合いますね。

その理屈から考えると、例えば「子三つ時」とは夜中の「0時00分〜0時30分」となります。

丑三つ時にはなぜ幽霊の話題出るの?その理由!

d0c26eaf76a95ae43e29ff829e507809_s

丑三つ時に幽霊が出るという話は、陰陽五行が関係しています。

陰陽五行の考えでは、丑の刻と寅の刻の境目が「鬼門」と考えらているそうです。

「鬼門」とは簡単に説明すると「邪悪な鬼が出入りするため良くない」とされている方角のことです。

丑三つ時は、その鬼門と考えられたことが理由となり、鬼が出るや妖怪が出る・幽霊が活動しやすい時間と言われるようになりました。

つまり「丑三つ時」の時間とは「結界が開き、幽霊や妖怪などの陰の気が一気に強まる時間」ということらしいです。

幽霊や妖怪の話を信じない方でも、この理由を知ってしまうとなんだか怖くなりますね・・。

丑三つ時にはなぜ幽霊の話題出るの?科学的な理由!

実は、近年ではもう一つ科学的な理由が上げられています。

丑三つ時、つまり午前3時は、一番人が睡眠中寝ぼけやすい時間帯なんだそうです。

そのため寝ぼけて幽霊などを見やすいという意見や幽霊を見たという意見が広がり今に至ったという説です。

幽霊と丑三つ時が深い関係があるのは、そこにも由来があるかもしれませんね!

丑の刻参りの、「丑の刻」にも意味があった!?

037ab81f055c651c640056821fc5bdb1_s
幽霊繋がりで、「丑三つ時」と関係性のある呪いの話も見てみましょう。

そんな呪いの話で有名なのが「丑の刻参り」でしょう。

白装束にハチマキ・ろうそくを立てて藁人形を五寸釘で打つあれです。

誰もが一度は聞いたことがありますよね。

丑の刻とは、現在の時間になおすと「午前1時から3時の間」のことを指します。

先程説明したとおり、丑の刻から寅の刻の間は幽霊が鬼門から出てくる時間だと言われています。

そんな時間になぜ丑の刻参りをするのかは、ご想像とおり呪いを強くかけるためです。

また丑の刻参りをした場面を見てしまうと、呪いが跳ね返ってくるそうです!その上見た人にも悪影響があるそうです。

怖いですよね・・。見つけても見なかったふりをして去りましょう。

話が脱線しましたが、、、そういう理由もあり丑三つ時には外に出ないことを重んじられるのです。

丑三つ時と対になる裏鬼門

上記でもお伝えしてきたように、丑の刻は鬼門が開く時とされています。

鬼門の方角は北東を指しますが、その逆に位置するのが坤時(ひつじさるどき)です。

※坤時とは「未(ひつじ)と申(さる)との中間」の時間です。

実はこの坤時ですが、裏鬼門と呼ばれており、鬼門が開かれると言われています。

結界が開かれるという理由から、こちらも良くない時間だと言われています。

丑三つ時とは何時?幽霊の話を聞く理由とは?のまとめ

b2d60d30d0662b4f5ce673a17bdecb52_s
丑三つ時とは何時のこと?
・・・午前1時から午前3時までのことです。

丑三つ時に幽霊が出るとの話はどうして?
・・・丑三つ時に結界が開かれるという言い伝えがあるため。

最後に

これで丑三つ時の時間が何時をさすのか分かりましたね!

幽霊の話が語られる理由も鬼門にあったとは知りませんでした。

風水でも鬼門や裏鬼門は避けるべきだと言われていると思います。

これを機会に、丑三つ時に注意してみてはいかがでしょうか!?

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ