馬の寿命の平均は?馬って平均どのぐらい生きるの?

馬といえば野生をはじめ大昔では軍馬、近年では家畜から競馬、乗馬、動物園の観賞用に飼育されている馬など、人間と馴染み深い動物ですよね。

個人的に馬の優しい目がとても好きです。

そんな人間と馴染み深い馬ですが、平均寿命はどのくらいか知っていますか?

野生の馬と人間の手が加えられた馬とでは環境に違いがあり平均寿命に大きな差があります。

この記事では「野生の馬」の平均寿命、ペットや競走馬などの「飼育馬」の平均寿命の平均寿命について、それぞれ見ていきましょう!

【スポンサードリンク】

野生馬・飼育馬それぞれの寿命の平均

馬と一口で言っても、野生の馬と人間の下で管理されている馬とでは寿命に大きな差があります。

野生の馬は平均寿命が約10年くらいで、管理されている馬は平均約20〜30年ぐらい生きるそうです。

・野生馬の寿命は約10年
・飼育馬の寿命は20〜30年

野生馬と飼育場で、約10〜20年もの寿命の差があるんですね。

ただし競馬の競走馬に関しては、そもそも寿命を全う出来ないことが大半です。

そのことはまたのちほど説明させていただきます。

馬の年齢を人間で言うと?

馬と人は違う生き物なので、正確なことは言えませんが。。。

一般的に、馬は人間換算で1年に4歳年をとっていくようです。

具体的には以下のような換算になるでしょう。

4歳の馬 = 16歳(人で言うと)
5歳の馬 = 20歳
6歳の馬 = 24歳
7歳の馬 = 28歳

飼育馬の寿命はどこから長生きなの?

最高年齢の馬として62才の馬がギネス記録に残っているそうです。

一般的には30〜40歳生きれば長寿だと言われているようです。

野生馬と飼育馬の寿命に差がある理由?

野生馬は人の手を全く借りないので食事はもちろん、健康管理や細かな手入れなどは行き届かず外敵もいる厳しい環境の中、生きていかなければなりません。

一方で飼育馬は食事をはじめ、健康管理や細かな手入れなど全て人間が行われます。

そのため平均寿命にこのような差が出来てしまうわけです。

この平均寿命の差は、人間の管理がよほど酷くない限り他の動物にも同じように野生と飼育とでは差があると言えるでしょう。

【スポンサードリンク】

競走馬の哀しい逝く末…

競走馬平均寿命

走るため、人間の手で育てられ管理される競走馬。

そんな競走馬たちは、人間に飼育してもらえているため寿命こそは長いです。

有名な馬で言いますと、かの「シンザン」は35歳3ヶ月まで生きたそうです。

殺処分について

ただし、競馬という仕組み上すべての馬が、そもそも寿命を全う出来るわけではありません。

活躍出来なかったり、怪我をしたりと様々な理由で殺処分されてしまうケースが多いです。

殺処分されてしまった数こそわかりかねますが、今現在活躍している競走馬よりも殺処分されてしまった馬の数のほうが底知れず多いそうです。

まとめ

馬の寿命は野生では約10年、上手に飼育されていれば約20〜30年ぐらいです。

競馬の競走馬に関しても平均20〜30年の寿命がありますが、殺処分を入れた場合、平均寿命は一桁台まで大きく下がってしまうでしょう。

殺処分に関してはあまり気分の良い話ではありませんが、、、

ポジティブに捉えれば、命を掛けて走る馬たちの姿、それもまた人が馬に惹きつけられる魅力の1つなのかもしれませんね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ