痛風の症状と治療方法!腫れて痛くなるまえに!

初期症状や前触れも無く、突然関節に激痛が起こるのが痛風の良く知られている症状です。

痛風は初期症状が少なく、特に痛風を経験したことがない人では前兆を感じにくいため、予防への意識も低くなりがちです。

そのため普段は治療法や症状については全く気にせず過ごし、手や足裏に突然の痛みや腫れを感じてから、あわてて病院に駆け込むケースも多いようです。

一方で、数日我慢すると痛みが治まってしまうこともあり、病院へ行かない人も多いそうです。

しかし正しい治療法を受けて進行を予防・改善しないと、痛風発作を繰り返すだけでなく関節の変形や、腎障害などの重病に発展する恐れもあります。

腫れや痛みの症状は手首、足裏、膝や肩など様々な関節で発症する可能性があるので注意しましょう。

ここでは痛風で起こる腫れなどの症状と治療法をまとめてみました。

痛風の原因と治療法を正しく知って改善や、痛みや腫れの症状が発症する前の予防に役立ててください。

【スポンサードリンク】

痛風の症状とは?腫れや痛みはどうして起こる?

痛風発作は血液中の尿酸濃度が高い状態が続くことで起こります。

なぜ、尿酸濃度が高い状態だと痛風の症状が起こるのでしょうか?

その理由は以下になります。

①尿酸が溶けきれず結晶化しやすい状態になる。

②心臓から遠く、体温の低い手足の関節では、尿酸が結晶化した尿酸塩が溜まりやすい。

③それを白血球が排除しようとする働きから炎症が起き、腫れや痛みなどの症状が起こる。

この③の時に発生する痛みや腫れが痛風の症状でありその原因です。

一般的には足の指や裏に発症することが多いですが、体温の低い人など、人によっては首や肩などでも発症することがあります。

【スポンサードリンク】

生活習慣を見直して痛風の予防を心がけよう!

痛風発作を起こす前に尿酸値を下げることが一番の予防になります。

また尿酸値が高いまま治療を行わないと、痛風以外にも腎障害や尿路結石などの病気の発症リスクも高まります。

尿酸値が高くて良いことはありません。

早めに対処を行いましょう。

一度、痛風を経験した人や治療中の人には尿酸値を下げる薬が処方されますが、それだけではなく日頃からの食事や生活習慣を見直して、改善することが大切です。

運動をして下げる際の注意点

尿酸値を下げるための手段として運動を行うことが上げられます。

ただし激しい運動をして汗をかくと一時的に尿酸値が上がる傾向にあります。

そのため日ごろから尿酸値が高い人は、それが痛風発作の引き金になる場合もあるようです。

運動は無理せず適度に行い、こまめな水分補給を行うように心がけましょう。

食生活で痛風を避けるには?

尿酸値を下げる食事習慣として、プリン体を多く含む干物やレバーなどの内臓類の食品の食べ過ぎに注意することと、お酒を減らすことが大切です。

◆注意する食べ物◆
・干物
・レバーなど内臓系食品
・お酒


アルコールは体内で分解されるときに尿酸値を上げてしまうので、ビールだけでなくアルコール(つまりお酒全般)はできるだけ控えることがオススメです。

神経質になりすぎないで!

一方でストレスを感じると尿酸値が上がるという研究結果も発表されているそうです。

痛風発作がなく通院もしていない場合は神経質になりすぎないように、気楽に少しずつ改善していくのが理想的です。

痛くなってからの治療法は、関節炎の痛みと炎症を抑える治療の他に高尿酸血症(こうにょうさんけっしょう)の治療の二つが行われます。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ