旅行の荷物の上手な詰め方!減らすのと同時に詰め方も見直そう!

旅行の荷物が少ない人はどんな詰め方をしているのでしょう?

旅慣れた人の荷物は同じ行程のはずなのに驚くほど少ないことがあって、減らす工夫や詰め方が気になることがありますよね。

旅行は移動時間が長くて荷物は少ないほうが良いに決まっているのに、減らす方法や効率的な詰め方がわからない!という方も多いようです。

少ない荷物で旅行が出来れば移動が身軽になるだけで無く、お土産もたくさん持って帰れます。

ここでは旅行の荷物を減らすコツや、小さくまとめる詰め方をご紹介します!

【スポンサードリンク】

まずは旅行の荷物の量を減らそう!

旅行に持っていく荷物はなんだかんだで多くなりませんか?

せっかく詰め方を工夫しても、余分な荷物が多ければカバンに入りきりません。

まずは荷物を減らすために、持ち物をリストに書き起こして見直してみましょう。

住み慣れた家を離れるわけですから、想定外のことがあったらどうしよう?と不安になって、ついついアレもコレもと荷物を増やしてしまいがちです。

「もしかしたら、使うかもしれない」という程度の物は、荷物に入れないようにして、代わりに旅行先で購入できるか検討してみるようにしましょう。

歯ブラシやタオルや石鹸などは、ホテルや旅館に用意されている場合が多いので、ホテルでアメニティが用意されているか確認できているなら、はじめから持っていく必要はありません。

また、旅行中の着替えは、下着以外は着まわしのできるデザインで選び、小物や組み合わせなどのコーディネイトを変えるだけで数日過ごせるように考えておくと予備を入れる必要が無くなり、汚してしまったり予定外の事態になっても着替えに困りません。

荷物を減らすコツは「使うものだけに絞って荷物に入れること」「洋服は着まわしできるデザインを選ぶこと」の二つです。

【スポンサードリンク】

詰め方で決まる!旅行の荷物の便利な詰め方

荷物を減らすことが出来たら、次は詰め方を工夫しましょう。

詰め方のコツは「使う順番や場面を考えて分けること」と「スキマ無く詰めること」の二つです。

使う順番や場面を考えて、部屋着や二日目の着替えなどそれぞれまとめて袋やポーチに分けておくと、旅行先での荷物整理の手間を大幅に減らすことが出来ます。

洋服は平らに折りたたむと厚さに差が出来て、重ねるとスキマが出来やすくなってしまいます。

シワになりにくい素材であれば、シャツなどの袖があるものは袖を内側にたたみ込み、長方形の形に整えたらクルクルと巻いて棒状にして詰めるのがおすすめです。

カバンの底になる部分から順番に荷物を詰めるようにして、スキマが出来てしまったらタオルやポーチを使って埋めるようにすると、荷物が中で崩れるのを防ぐことが出来ます。

荷物を最小限まで減らすことが出来たら、トランクケースからボストンバッグなどの更に身軽なスタイルに思い切って変えてみたり、お土産を詰める余裕として残しておくのも楽しみ方のひとつです。

詰め方を工夫して少ない荷物で、旅行を楽しんでください。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ