糖尿病の合併症!目,皮膚,神経など起こりえる箇所一覧!

糖尿病で一番恐ろしいのは合併症だと言われています。

糖尿病を発症し重症化すると以下の様な症状が発生します。

・手足の痺れや皮膚疾患

・神経障害や目への障害、腎症などの臓器への障害

そのため糖尿病の治療は、主に皮膚や神経・臓器などに与えられるダメージを減らし、感染症や合併症の予防と抑制を行います。

合併症は血糖値が高い状態が長期間続くことで起こります。

血糖値をコントロールすることで最小限の症状に抑え、合併症そのものを予防することが可能です。

ここでは合併症で起こる神経や皮膚、目などへの症状をまとめました。

正しい知識で神経や皮膚、目などの些細な違和感や変化に注意して、糖尿病を放置せず、日ごろから症状の予防と改善を習慣化するように心がけましょう

【スポンサードリンク】

合併症を知ろう!合併症の原因と症状は?

糖尿病の合併症には、大きく慢性合併症と急性合併症の二つに別れます。

急性合併症

急性合併症には以下の様な症状が現れます。

・急激な血糖値の上昇を体がコントロールできずに起こる「糖尿病性昏睡と呼ばれる意識障害」

・細菌やウイルスを排除するための白血球の働きが低下していることで感染してしまう「肺結核」

・皮膚疾患などの「感染症」

慢性合併症

慢性合併症では、高血糖による血管のダメージが蓄積されて、以下の様な症状が現れます。

・「細小血管障害」・・・細い血管に血が行き渡らないため、手足の壊死や、目の失明などの障害が起こります。

・「大血管障害」・・・太い血管への動脈硬化が原因で起こるため、心筋梗塞や狭心症などの心臓への障害、脳梗塞など脳への障害が起こります。

合併症と言っても、いろいろな症状がおこるのですね。

【スポンサードリンク】

糖尿病の合併症を予防するためには?

糖尿病の合併症は恐ろしいものです。

薬物療法や、運動や食事療法を取り入れて血糖値をコントロールしていくことで発症を避けましょう。

何はともあれ、血糖値のコントロールが重要です。

薬物療法まで行かなくとも、まずは家庭でできる、運動や食事療法での予防が重要だと言えます。

食事療法

食事療法は過度な制限をイメージする人も多いかもしれません。

しかし偏った知識での無理な制限や我慢はストレスの原因になるだけでなく、体調を悪化させる原因にも繋がるため、まずは出来る範囲で始めましょう。

また可能ならば医師や栄養士と良く相談すると効果的に行なえます。

運動での療法

よく散歩のために犬を飼うという話しを聞きますが、それも1つの手です。

何かしら運動の理由を作るのが運動を続けるコツでしょう。

他にも、通勤経路を工夫したり、地域のスポーツクラブに参加したり、友人や家族と時間を決めて運動を行うなど、運動は習慣化する環境作りから心がけるようにするのがオススメです。

毎日、少しずつ取り組みながら効果を実感できるように、自分の身体の状態を意識することも大切です。

まとめ

糖尿病の合併症は恐ろしいものです。

生活習慣病などと言われ身近な簡単な病気に感じてしまうかもしれませんが、とても危険な病気です。

自分のため、そして周りの人のためにも、日々生活の週間にはきをつけましょう。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ