低気圧で頭痛が?原因と治し方!予防や対策って出来るの?

低気圧が近づくと頭痛がする、頭痛がひどくなる方、いらっしゃいますよね。

気圧の変化で頭痛になるという話もよく聞きます。

それにしても、なぜ低気圧が原因で頭痛になるのでしょうか?

低気圧が原因で頭痛になるのであれば、治し方や対策、予防の方法を知っておきたいですよね。

今回注目するのは、そんな低気圧による頭痛です。

低気圧による頭痛の原因と治し方や対策、そして予防の方法などをご紹介します。

それでは低気圧による頭痛の原因・治し方や直ぐにできる対策を見ていきましょう!

【スポンサードリンク】

低気圧による頭痛の「原因」

低気圧による頭痛の原因。

それは低気圧の影響により頭蓋骨の中の圧力が下がることが原因だと言われています。

圧力が下がることで、頭部の血管が拡張しようとする働きが起こります。

その影響で眼神経、上顎神経、下顎神経を刺激し、頭痛が起こると考えられているのです。

次に、これらの治し方や対策としてオススメの方法は見ていきましょう。

低気圧による頭痛の「治し方や事前対策」

・首筋やおでこを冷やす

血管が拡張して頭痛を引き起こしているのですから、血管を収縮すると頭痛がおさまりやすくなります。

首筋の血管がある部分やおでこなどを冷やすと血管が収縮すると同時に、ひんやりとして気持ちも良くなりますのでオススメです。

・ツボを押す

頭痛に効果があるツボが3点ありますのでご紹介します。

1つ目は、首の付け根で顎のすぐ下の両方の首筋にある天柱(てんちゅう)というツボが効果があるといわれています。

中指や人差し指で上に向かって優しく押し上げるようにして押すと良いでしょう。

2つ目は、こめかみにある太陽(たいよう)と呼ばれるツボです。

こめかみのへこんだ部分を人差し指と中指をツボに当てたままで軽く円を描くようにマッサージしてください。

頭痛が和らぐとともに、目の疲れも取れます。

3つ目は眉間にある印堂(いんどう)と呼ばれるツボです。

親指で眉頭を押さえ、人差し指の第一関節までを使って眉をつかむような感じで軽く押してください。

【スポンサードリンク】

低気圧が原因の頭痛の予防方法

低気圧が原因で頭痛が起こる方は、普段からも頭痛がある場合が多いようです。

頭痛が起こる原因はストレスや肩こり、睡眠不足、不規則な食生活なども考えられます。

もちろん、原因が一つだけでなく複数合わさって頭痛になっているケースも考えられます。

普段から自分がどのような原因で頭痛になりやすいかを調べておき、なるべく頭痛を緩和する方法を取るように心掛けましょう。

普段からストレスを発散するようにしたり、食生活や生活習慣を見直す。

肩こりの場合は血行を良くしたり、肩を動かす運動をとりいれる。

出来る対策はそれぞれあると思います。

頭痛発生の原因をなるべく少なくするようにしておくことで、低気圧でも頭痛の症状が軽くなったり、改善する可能性があります。

原因を一つづつ潰していきましょう!

ただし自己判断が難しい、症状が改善しない場合は、医療機関の受診をオススメします。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ