タバコで歯がヤニまみれ!原因と落とし方について!

長年タバコを吸い続けていると歯が黄色くなったなと自分でも気が付いたり、家族や周囲の人から指摘をされたりすることがあると思います。

歯が黄色くなるのは、歯にタバコのヤニがついているからだといわれています。

歯磨きをしたり、うがいもしているのに、なぜ歯にタバコのヤニがつくのでしょうか?

そして歯が黄色くなると見た目の印象も気になりますから、ヤニの落とし方も知りたいですね。

今回は、タバコを吸うことで歯にヤニがつく原因を知り、その上で効果的なヤニの落とし方をご紹介します。

是非正しい落とし方試して白い歯を手に入れてくださいね。

それでは、タバコが歯がヤニまみれになる原因と落とし方について学んでいきましょう!

【スポンサードリンク】

歯にタバコのヤニがつく原因

落とし方に入る前に、そもそもタバコのヤニはなぜ歯に付着するのでしょうか?

磨いても取れないほど、ヤニが強力に歯に付着するのはなぜなのでしょう?

タバコのヤニが歯に付着するのは、タバコに含まれるタールという物質が原因だといわれています。

タールは黒い粘着性のある物質で、タバコを吸うことで口腔内にとりこまれて、ヤニが歯や歯茎に付着することになってしまいます。

長年禁煙を続けると着色汚れ、いわゆるステインがひどくなってしまうのです。

タールの粘着性は強いため、なかなか通常の歯磨きやうがいだけでは除去することができないのです。

【スポンサードリンク】

歯に付着したヤニの落とし方

今回ご紹介するヤニの正しい落とし方は2つです。

歯に一度付着してしまったヤニは、通常の歯磨き粉で磨く落とし方では落とすことができないのです。

それほどタールの威力は強いのですね。

・ヤニ取りに特化した歯磨き粉を使用する

ヤニを落とすことに特化した歯磨き粉や研磨剤がドラッグストアや薬局で販売されています。

特殊な成分が配合されているため、禁煙歴にもよりますが、比較的禁煙年数が短い場合は、効果が期待できるようです。

ただ、ヤニ除去に特化した歯磨き粉には研磨剤が通常の歯磨き粉より多く配合されていますので、頻繁に使用すると歯を傷つけてしまう恐れがあります。

歯が傷つくと着色しやすくなりますので、使用については歯磨き粉の特性などを考慮して注意をしながら使用することをオススメします。

・歯科医院を受診する

歯科医院で、歯のホワイトニングをしてもらいましょう。

できれば完全に禁煙されてからホワイトニング、いわゆる歯の清掃をしてもらうのが一番効果的ですが、なかなか禁煙はできないですね。

定期的に歯科医院を受診し、歯科医師と相談しながら、ホワイトニングを続けてください。

どのようなホワイトニング処置をするのかは歯科医院によって異なりますが、一般的にはまずは歯に付着している歯石を除去します。

その後に、専用の液体の薬を使用してヤニなどの沈着汚れを取り除いていきます。
最後に歯を研磨剤で磨きます。

ホワイトニングは保険適用外としている歯科医院も多いため、受診前に料金や施術内容を確認した上で受診申し込みをすることをオススメします。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ