食パンの数え方の由来!なぜ1斤って数えるの?

食パンの数え方をご存知ですか?

食パンを購入する際に迷った人ことがある人もいるでしょう。

正解は「1斤、2斤」という数え方です!

しかしこの1斤、2斤という数え方ですが、食パンを数えるときぐらいしか使わないような気がしませんか?

実はこの「1斤」という数え方ですが、ちゃんとした由来があるのです。

今回は食パンの数え方と量、そしてその由来についてご紹介します。

是非参考にしてください。

【スポンサードリンク】

食パンの数え方

食パンは1斤、2斤と数えます。

実はこの「斤」という単位は、大きさではなく重さを表す単位です。

1斤は現在では340g以上の重さが必要であると日本パン公正取引協議会包装食パン公正競争規約によって決められています。

1斤が340g以上であるというあいまいな規定にならざるを得ないのは、食パンの製造方法や原材料にばらつきが出るためです。

空気をたくさん含むような柔らかいものや、バターがたくさん含まれしっとりとしたもの。様々な特徴を持つ食パンが販売されていますよね?

そのため、あいまいにならざるを得なく、最低重量を保証するという取り決めとなったそうです。

現在食パンとして販売されている1斤の重さは350gから400gが主流となっているようです。

ちなみに食パン1本とは、食パンを焼いた時に型から出した、まだ340g以上にカットされていないもののことです。

1本と1斤、間違えないように注意しましょう!

【スポンサードリンク】

食パンの数え方の由来

「斤」は中国の単位

「斤」という単位は中国から入ってきたものだといわれており、先程説明したように、大きさではなく重さの単位です。

この中国から入ってきた「斤」を日本の単位に合わせると、「1斤 = 160匁(もんめ)」に当てはまるそうです。

160匁(もんめ)とは、今で言うと600gに該当します。

つまり正確には、1斤とは600gのことなのです。

しかし、食パンの数え方は「1斤340g以上」でしたよね?

なぜ違いが出てきているのでしょうか?

1斤600gのはずなのに、食パンだと違う!?

明治維新以降にパンや食パンがアメリカやイギリスから輸入されるようになりました。

その時の食パン1袋の重さが1ポンド程度だったそうです。(「ポンド」は重さの単位で、1ポンド450g程度です)

その為そのタイミングで、1斤のgの基準が変わったそうなのです。

それからと言うもの「斤」という呼び方自体は明治以前そのままに、時代に合わせ「1斤」の重さは調整されることになりました。

そして現在、食パンは1斤、2斤という数え方になり、1斤とは340g以上という基準となっているのです。

まとめ

1斤という数え方にはこのような、不思議なストーリーがあったようです。

パン屋さんで1斤だと思って1本と注文してみたら、とても長い食パン1本を注文していたという経験がある方もいらっしゃるかもしれません。

そのようなことが無いように、斤の由来と合わせて、正しい数え方を記憶にとどめておきましょう!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ