歯磨きは食後すぐの時間にするべき?30分ぐらい空けたほうがいいの?

歯磨きは食後すぐの時間にして良いものなのでしょうか?

しかし「食後の歯磨きはすぐにせず、30分置いたほうがいい」なんて話しを聞いたことがある人もいると思います。

この食後30分後説は一時期メディアでも取り上げられ話題となりましたよね。

「食後はすぐに歯磨きをするのが歯にいい」と信じてきた人たちにはこの「食後30分」説は大変な衝撃がありました。

ところが、これ対してしばらくすると歯磨きの時間は「やっぱり食後すぐに歯磨きをしたほうがいい」という説が浮上した記憶がある人もいるでしょう。

これは結局どちらが正解なのか?気になりますよね!

ここでは食後の歯磨きのタイミングについて、時間や歯磨き方、気になるポイントをまとめてみました。

【スポンサードリンク】

食後すぐの歯磨きはNG!?歯磨きのベストな時間は?

時間は30分後説の由来

「食後の歯磨きは30分後に」という説は、アメリカで発表された論文が発信源です。

日本でも、2010年前後にテレビやメディアで取り上げられたことをきっかけでご存じの方も多いでしょう。

「食後はすぐに歯磨きをするのが歯にいい」と信じていた人たちに衝撃を与えながら広がっていった説です。

時間は30分後説の理由

食後、口の中は食べ物と唾液が混ざることで酸性になり、歯の表面が溶け出している「脱灰」状態になります。

脱灰で一時的に柔らかくなった歯は、30分程度で唾液の作用によって中和され、溶け出したエナメル質が修復される「再石灰化」が起こり表面が回復します。

もとになった論文ではこの脱灰と再石灰化の仕組みから「脱灰状態のときに歯磨きをすると歯を傷つけてしまう」「歯磨きは再石灰化が行われる30分後がよい」されていました。

この内容だけをメディアで取り上げられてしまえば、なんだか納得してしまいそうな理由ですよね。

でも実は、この実験結果だけでは、正しく検証できていないことが判明しました。

日本の歯科学会では「食後すぐ」が推奨された

しばらくすると、あくまで実験の結果であることと、日本人とアメリカ人で歯の構造に違いがあることから「一般的な食事は、この説に当てはまらない」という見解が、日本の歯科学会や歯科医師会から発表されました。

そのため、歯磨きをする時間は一般的な日本人の場合「食後すぐ」を推奨するという結論に至りました。

では、次になぜ食後すぐが良いのか?について見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

歯磨きの時間はどうして「食後すぐ」なのか?

歯磨きをする理由

まずはそもそも歯磨きをする理由から見ていきましょう。

歯磨きの大きな目的は、口の中に残った食べカスと歯垢と虫歯菌(ミュータンス菌)の除去です。

これらを歯の表面に残したままでいると、虫歯菌が食べ物を餌にして歯を溶かす酸を作り出しながら増殖してしまいます。

その酸が虫歯の原因となるのです。

食後すぐにするべき理由

そんな歯磨きの理由を見ると、食事の後に30分も放置させるのは、悪手な気がしてきますよね?

単純に虫歯菌の増加を手助けしてしまうことになります!

食後すぐに歯を磨くことを推奨されているのは、このためなのです。

例外

例外として、炭酸飲料やフルーツなどで、酸性のものを大量に摂取した時は、食後の歯磨きを避けましょう!

その場合は30分以内に歯磨きをすると逆に歯を傷める可能性があるのです。

口の中を強い酸性に変えてしまう食べ物や飲み物を口に入れた時は、歯磨きの前に水でゆすいで、30分ほど時間を空けてから歯磨きをしましょう。

まとめ

というわけで、調べた結果、基本的に食後すぐに歯磨きをするのが正しいようです!

しかし、酸性のものを摂取した場合は、食後すぐに歯磨きをすると逆に歯を炒めるため気をつけましょう!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ