ステーキの焼き方の種類!焼き方の言い方を学ぼう!

外食時に「今日は奮発してステーキにしよう」なんてこと、ありますよね。

デートや女子会でステーキを食べることもあるでしょう。

その際、ステーキ屋さんで、お店の人から「ステーキの焼き方の種類はいかがされますか?」と聞かれ、緊張してしまった経験がありませんか?

ステーキの焼き方の種類や言い方がよくわからないから、隣に座っている人が「レア」でと言ったから、「では私も同じで」と答えた人も実は多いのでは無いでしょうか。

今回は、ステーキの焼き方の種類や言い方に自信のない人もために、焼き方の種類や言い方をご紹介します。

是非覚えて、次回のチャンスがあれば格好よく、ステーキをオーダーをしてみてくださいね。

それでは、ステーキの焼き方の種類の言い方を学んでいきましょう!

【スポンサードリンク】

ステーキの焼き方の種類や言い方

ステーキの焼き方はについては、一般的には3段階でいわれることが多いと思います。

レア、ミディアム、ウェルダンという言葉を聞いたことがありませんか?

レアの方が生肉に近く、赤みが残っていて、ウェルダンはしっかりと焼いた状態で、ミディアムはその中間となります。

最低限、この3種類の言い方をマスターすれば大丈夫でしょう。

あとオススメの言い方としては、「一番おいしい焼き方でお願いします」や「お任せでお願いします」というのもあります。

お肉の状態をお店の人や料理をしてくれる人がしてくれる人が一番よくわかっていますので、焼き方に特に注文がないのであれば、お店の人にお任せするのもいいかもしれません。

また、焼き方については、細かく分けると10種類あるといわれています。

通な方は覚えて、使ってみるのもいいかもしれません。

ロー(完全に生肉の状態です)

ブルー(片面か両面を数秒だけ焼いた状態です)

ブルーレア(片面か両面を数十秒焼いた状態です)

レア(両面の表面を焼いただけのもので、切ってみると表面だけ焼き色が付き、中は赤い状態です)

ミディアムレア(両面の表面を焼き、少し中まで火が通っている部分もある状態です)

ミディアム(ミディアムレアよりももう少し焼く時間をとり、全体に色が変わった状態です)

ミディアムウェル(ミディアムよりももう少し焼いた状態です)

ウェル(よく焼いた状態です)

ウェルダン(ウェルよりも焼き、全体にやや茶色になった状態です)

ヴェリーエェルダン(完全に中まで火が通り肉汁も出ない状態です)

お肉の焼き方も細かく分かれているのですね。

【スポンサードリンク】

ステーキ肉について

ステーキの焼き方の種類や言い方はわかったものの、次に気になるのはお肉の種類ではありませんか?

ステーキ肉としてよく使われるのが、サーロイン、ヒレ、ロースといった高級部位ではないでしょうか?

それぞれに特徴があり、サーロインは柔らかくてジューシーで、霜降りもしっかりと入っています。

ヒレは柔らかくて、脂が少なく、上品な味わいだと称されます。

ロースは焼くというローストから転じて付けられたといわれるほど、焼くのに適した柔らかくて脂が少なく、さっぱりとした味わいだといわれています。

それぞれの特徴を知り、適した焼き方を選んでみても良いかもしれませんね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ