砂糖の種類や違い!特徴や健康を左右する栄養素までご紹介!

食品の多くに含まれていて身近な調味料の砂糖ですが、砂糖に含まれる栄養素や、種類や違いにどんな特徴があるのか、健康にはどんな影響があるのかご存知でしょうか?

砂糖や甘味料にはそれぞれ種類があり、味や栄養に違いと特徴があります。

砂糖が健康に及ぼす影響は、様々なメディアでも取り上げられていますが、具体的にはどんな種類や違いがあり、含まれる栄養は健康をどう左右するのでしょう。

ここでは砂糖の種類と違い、その特徴や健康に及ぼす影響をご紹介します!

【スポンサードリンク】

砂糖の種類を覚えよう!それぞれの栄養の特徴は?

砂糖は甘味料の一種でサトウキビやてん菜(ビート)などから作られていますが、種類で製造過程に違いがあります。

サトウキビやてん菜にはそれぞれ、健康を助けるビタミンやミネラルなどの栄養が含まれていますが、調理や製菓用に素材の風味を邪魔せず甘さを加えることだけに特化して精製されている上白糖には、それらは含まれていません。

上白糖やグラニュー糖などの白いお砂糖や精製したあとにカラメルで色付けをした三温糖など、精製を経た砂糖は栄養の分類としては、ほぼ「糖質」なのが特徴です。

原材料から絞り、精製を行っていない黒砂糖やキビ砂糖、てん菜糖と呼ばれる砂糖は純粋な糖(ショ糖)の含量は精製糖より少なく、カリウムや鉄分などのミネラルやビタミンB1といった栄養が含まれてるという違いがあります。

色が濃く甘みの他にコクや風味が感じられるのが、精製されていない砂糖の種類の特徴です。

【スポンサードリンク】

砂糖は健康にどんな影響があるの?健康に良い砂糖とは?

精製された種類の砂糖は、不純物や栄養が徹底して取り除かれています。

甘み以外の特徴が無く、食材の風味を邪魔せずに味を付けることができる優秀な調味料ですがミネラルなどは含まれません。

体内に入ると、分解や吸収に手間の要らない「糖質」として処理されて即効性の高いエネルギーに変わります。

砂糖は疲労などで身体機能が低下しているときには、米や小麦などの炭水化物より早く吸収され、血糖値を上げてくれるというメリットがあります。

少量でもエネルギーとしての即効性がある砂糖ですが、食べすぎれば効果が高い反面、健康へのデメリットもあります。

過剰なカロリーは肥満の原因になり、血糖値のコントロール機能が疲弊することで食事のリズムが崩れたり、糖尿病の原因になります。

砂糖はジュースやお菓子だけではなく加工品にも含まれていて、気付かないうちに摂りすぎてしまう傾向があり、食べすぎには注意が必要です。

健康や美容の面から砂糖の種類を選ぶなら、上白糖とは違いショ糖の含量が若干少なくミネラルなど栄養も含まれている黒砂糖やキビ砂糖がおすすめです。

精製されている砂糖とは違い、香りや味が特徴的ですが、少量でもお料理に深みが加わるという面もあります。

健康に過ごすためにも、黒砂糖やキビ砂糖の色や風味を楽しんで、活用してみてはいかがでしょうか。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ