口内炎の原因と治療!食事にはビタミンを摂ろう!

少し前まで何ともなかったのに、原因は何?急に口の中に違和感を覚える口内炎。

食事をするときに痛みや違和感がある口内炎は、できることなら早めの治療で治してしまいたいですよね。

でも、口内炎の原因って一体何なのでしょうか。早く治すにはビタミンが効くって聞いたことがあるような気もするけど・・・。

今回は、口内炎の原因と治療法についてお話したいと思います。

口内炎には、ビタミンや食事が重要って本当なの?その疑問を解き明かしてまいりましょう。

【スポンサードリンク】

口内炎について

治療や食事について見ていく前に、まずは口内炎の原因について見ていきましょう。

口内炎とは、簡単にいうと「口の中や舌などの粘膜に起きる炎症」のことです。

原因は様々ですが、口内炎にかかりやすい体質の人もいます。

口内炎の主な原因は以下のものが上げられます。

・細菌感染によるもの

・ウイルス感染によるもの
 (ヘルペス性口内炎、 ヘンパンギーナ、手足口病、 など)

・鉄分、ビタミン不足

・ストレス、睡眠不足

・アフタ性口内炎

 一般的に一番多いのが、アフタ性口内炎です。

これは、口の中を間違って噛んだり、傷をつけてしまうことが原因で起きる口内炎です。

逆に噛んだりしていないのに口内炎が発生した場合は、別の原因を疑いましょう。

【スポンサードリンク】

食事にはビタミンBを!

食事や飲み物は、極端に熱かったり、冷たすぎるもの。また、酸味が強いものは口内炎にしみてしまうので避けましょう。

口内炎には、皮膚や粘膜を正常に保つ働きのあるビタミンたっぷりの食事をとることがオススメです。

ビタミンの中でも、ビタミンB群は特に口内炎治療の効果を発揮します。

ビタミンB群が多く含まれている食材を3食の中に上手に取り入れましょう。

日頃から口内炎にならないように栄養バランスを考えることも立派な治療ですね。

うがい薬でうがいをして口の中を清潔に保ち、食事は好き嫌いをしないこと。また、免疫力を高めるために早めに就寝させるようにしましょう。

病院での治療方法について

大人であれば、自分自身でチェックすることができるので早期発見・早期治療をすることが可能ですが、幼児の場合は親が気づかずに悪化してしまうというケースも。

いつもよりも食欲がない、好きなものなのに食べなくなったというような時には口内炎を疑ってみましょう。

そして悪化している場合は病院での治療も考えましょう。

アフタ性口内炎の場合は、通常1週間~10日ほどで自然治癒しますが、原因がウイルスであったときには高熱が出たりして脱水症状に発展することも考えられます。

重症化する前に、早めに病院を受診してくださいね。

・軟膏や貼り薬

・胃腸薬

・抗ウイルス薬

・解熱剤

病院では、これらのものを組み合わせて使用し、様子を見ながら治癒を行なうそうです。

まとめ

口内炎の原因と治療、いかがだったでしょうか?

口内炎の治療薬として市販のものも出回っていますが、間違った判断をして逆に悪化させてしまっては元も子もありません。

早い段階で完治させるには適切なケアが重要!

口の中を定期的にチェックしたり、健康状態を管理して口内炎ができない環境を保つようにしましょう。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ