お腹の違和感!左下・右側・背中など場所による原因の違い!

お腹に痛みや違和感を感じる事はそれほど珍しい事ではありません。

しかし長く続いたり、強い痛みや他の症状がある場合は、病気の可能性もありますので注意が必要です。

違和感を感じたときは、右側左側、中心や右下左下・前面背中と別けてお腹のどの場所にどんな違和感があるのかよく注意してチェックすることが大切です。

お腹の右側と左側どちらなのか上下や背中側など、違和感を感じる場所によって原因が分かれます。

原因さえ分かれば、病院へ受診するときの参考にもなりますよね。

ここでは、お腹の左右、左下や右側、または背中など違和感を感じる場所ごとに可能性のある病気や原因を紹介します。

それでは、左下・右側・背中など場所ごとのお腹の違和感の原因について学んでいきましょう!

【スポンサードリンク】

まずはお腹をセルフチェックしよう!

お腹は臓器が複雑に組み合わさり、皮下脂肪に守られているため違和感が弱いと場所を特定できないことがあります。

まずは違和感を感じる場所を自分でチェックする方法をご紹介します。

①仰向けになった状態で膝を軽く立てます。

②次に利き手の指先を揃えて、お腹に添えます。

③逆の手で指先を押し込むようにして、違和感を感じる周辺を触ってみましょう。

指先に硬いものが触れたり、強い痛みを感じる場所を確認しましょう。

ゴロゴロと気泡が移動する感覚があったり、叩くとポンポンと響く音がする場所はガスが溜まっている場所です。

便秘の人は左下のS状結腸に便が溜まって、硬いものを感じ取れることもあります。

【スポンサードリンク】

場所ごとに考えられる原因

違和感や痛みを感じる場所ごとに、可能性のある病気や原因の一部をご紹介します。

・右上/左上

過敏性腸症候群など大腸の異常や尿路結石で痛みを感じることがあります。

右側は胆石や胆のう炎の他に、持続的に痛みがある場合は肝膿腫や急性肝炎など肝臓の病気が考えられます。

左側は急性膵炎などの膵臓の異常などが原因として考えられます。

・みぞおち

胃や肺、心臓などの異常がある場合に違和感を感じる場所で、急性胃炎や胃痙攣の他に、肺炎などの病気の可能性があります。

・右下/左下

左側は特にS状結腸があるため、下腹部は大腸の働きにに異常があると違和感や痛みを感じやすい場所です。

女性は子宮外妊娠や卵管炎など婦人科疾患の可能性もあります。

・中央、おへその周り

お腹全体にかけて痛みを感じるときは、急性腹膜炎の可能性があります。

しかしお腹の中心は腸に異常がある場合に違和感を感じやすく、感染症腸炎や寄生虫などの原因も考えられますので一概には言えません。

痛みが続く場合は病院に行き診察を受けましょう。

・背中

お腹から背中にかけて違和感を感じる場合は、膵臓の病気の可能性があります。

膵臓は異常を感じ取りにくく、痛みがはっきりしてきたときには重症化していることもあります。

まとめ

場所による原因の違い、いかがでしたでしょうか?

痛みや違和感を感じる事が少なくないお腹ですが、大きな病気が原因に潜んでいる事もあります。

些細な変化や痛みを見逃さず、お腹の違和感をしっかり解消してください。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ