腹痛の原因?女性の下痢やガス溜まりとストレスの関係!

突然の腹痛や下痢、ガスが溜まってお腹が苦しくなるという症状、苦しいですよね。

仕事中や外出中、電車やバスの中など、女性ならなおさら、トイレに行くタイミングも難しく、辛い経験をしたことがある方も多いかもしれません。

身体に異常が見られず食事や健康にも気を使っているのに、突然の腹痛や下痢、ガスによるお腹の張りが慢性的に続く場合「過敏性腸症候群」というストレスが原因の腸のトラブルである可能性があります。

過敏性腸症候群は年齢層が幅広く誰にでも起こり得る症状ですが、男女で比較すると、女性のほうが多いと言われています。

ここでは、ストレスと腹痛の関係をご紹介します。

原因や対処法を理解して、下痢やガス溜まりの対策に役立ててください。

【スポンサードリンク】

ストレスで起こる下痢やガス過多は病気じゃない?

もともと腸は感情の影響を受けやすく、女性はとくに強いストレスを感じると腹痛や下痢などを起こしやすくなっています。

ただ、緊張したときに腹痛やガスでお腹が張る症状を頻繁に繰り返していたり、一定条件で決まって腸のトラブルがある場合、過敏性腸症候群の可能性があります。

ストレスが原因のため、検査では腸に異常が見つからないため注意が必要です。

症状にあわせて市販薬などを使用すれば一時的に改善しますが、心理的にストレスを感じると繰り返し発症してしまうことで、更なる不安感を抱えて症状が増幅してしまうケースがあります。

また、人それぞれ症状には差があり大きく4つのタイプに分かれます。

・緊張で下痢になる下痢型

・旅行など一定の条件で便秘になる便秘型

・下痢と便秘を繰り返す混合型

・ガス過多による吐き気を伴うことがあるガス型

腸には異常が無いため、これらの症状の対策ばかりを繰り返すと、腸内環境を悪化させる原因にもなります。

【スポンサードリンク】

腹痛を繰り返さないために!ストレスを減らそう!

過敏性腸症候群の可能性がある場合、自分の症状や原因を正しく分析して理解し、冷静に対処できるようにすることが大切です。

緊張などが原因のガス溜まりや下痢には周囲の理解を得るのが難しく、女性はとくに恥ずかしさもあって、行動が制限されてしまいがちですが、行動を制限することでストレス更に増やしてしまう結果となります。

運動やスポーツといった身体を動かすことで解消したり、リラックスできる喫茶店や、公衆トイレの位置を書き込んだトイレマップを用意するなど、実践できることを積極的に行ってみましょう。

緊張やストレスを受けてからではコントロールするのは難しいので、普段は思い悩んだりせず意識して自然体ですごせる時間を増やすこともおすすめです。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ