ストッキングの伝線原因と応急処置!理由を知り対策を!

ストッキングといえば防寒対策や、おしゃれの必須アイテムとして女性の方には定番のアイテムとなっています。

しかしストッキングはタイツと比べて作りが薄いので、何かの原因で伝線しやすいという面があります。

何かの理由でストッキングが伝線した時の応急処置の対策として、いくつかの方法があるのをご存知でしょうか。

応急処置の対策をしてストッキングを無駄なく上手に活用しましょう。

ストキングが何かの理由で伝線する原因で一番多いのが何かに引っかけてしまうことです。

ストッキングが伝線した時の応急処置を事前に覚えておけば、いざというときの役に立ちます。

【スポンサードリンク】

ストッキングが伝線する原因とは

ストッキングが伝線する原因で何かに引っかけてしまうことがありますが、中でも一番多いのが自分の爪で引っ掻いてしまうことです。

人間の指というのは現代社会において、いろいろなものを常に触っている状況が多いので、何かに触れるたびに皮膚についている皮脂が取れてしまい、常に乾燥しやすい状態になっています。

特に最近ではスマートフォンの普及により、今まで以上に乾燥しやすい指先の状態の人が増えている傾向にあります。

指が乾燥するのと同じように爪も乾燥しやすい状態になっています。

その乾燥した状態でストッキングを引っ掻いてしまうと、伝線しやすいということが考えられます。

とりあえず指先が乾燥しているときは、手っ取り早い方法としてはハンドクリームをこまめに塗るのが一番良いでしょう。

指先が乾燥しているというのはある意味、現代病と言えるかもしれませんね。

【スポンサードリンク】

ストッキングが伝線してしまった時の応急処置方法とは

ストッキングが伝線してしまうのはある意味しょうがないという側面もあります。

かなり薄く作られていますから伝線しやすいのは当たり前なのかもしれません。

もし仕事の途中などでストッキングが伝線してしまったら、そんな時はとりあえず応急処置で乗り越えましょう。

まだ伝線した範囲が少しの時でしたら、その場所に透明のマニキュアを塗ると良いです。

マニキュアはすぐに固まる性質があります。

マニキュアを伝線してしまった部分に塗り、固まるとそれ以上電線が広がるのを防止することができます。

マニキュアでしたらそれほど大きいものではないので、充分持ち歩くことも可能です。

もし透明のマニキュアがなければ液体のりでも代用することができます。

文房具屋さんで売っているような液体のりですと、速乾性があまりないので固まるまでに時間がかかるというデメリットがあります。

できればマニキュアの方が良いでしょう。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ