睡眠時間の理想と質!美容や勉強に適切な睡眠とは?

しっかり睡眠時間を取っているはずなのに、翌日も疲労感が取れない・・・睡眠時間はいつ取れば良いの?理想の睡眠時間は?睡眠の質を高めたい!

睡眠について悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

人が快適に生活するために欠かせない質の高い睡眠。

美容に良い睡眠時間はあるのか。効率よく勉強するために適切な睡眠時間は?

今回は理想の睡眠時間、美容や勉強のために適切な睡眠についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

質の良い睡眠とは

たっぷり寝たはずなのに、朝目が覚めた時に疲労感が残っている方は、質の良い睡眠が取れているとはいえません。

「たっぷり」とは具体的にどの程度の睡眠かというと、6~8時間です。

これ以下でも以上でも良くありません。

まずは6~8時間の睡眠時間を確保してください。

その上で質の良い睡眠を取る為には、就寝1時間前までに脳と体をリラックスさせる必要があります。

寝る直前に必ずと言って良いほどテレビを見ていませんか?携帯やスマートフォンをいじっていませんか?

これらの強い光は眠りをサポートしてくれるホルモン「メラトニン」を減少させてしまい、熟睡できなくなる可能性があります。

特にスマートフォンやゲーム機など電子機器に使用されている発光ダイオード(LED)のブルーライトは、多くのメラトニンを減少させてしまうと言われています。

寝る1時間前はこれらの事を辞め、アロマオイルなどでリラックスしながら本を読んだり、癒し効果のある音楽を聴きながら明日の準備をするなど、リラックスできる習慣を身につけると良いでしょう。

【スポンサードリンク】

美容や勉強に最適な睡眠とは?

美容に良い睡眠時間帯は?

昔から「肌のゴールデンタイム」は22時~2時だと言われていました。しかし、現在では実は重要なのは時間帯ではなく、入眠後3~4時間だという説が有力です。

入眠後3~4時間に成長ホルモンが分泌されるため、その時に熟睡していることが重要なのです。

勉強に適切な睡眠時間帯は?

美容に良い時間帯で記述の通り、成長ホルモンが分泌されるのは入眠後3~4時間です。

しっかり6~8時間の睡眠時間を確保し、入眠後3~4時間に熟睡することが重要です。

睡眠は勉強したことを整理し記憶する大切な鍵です。

睡眠時間を削って勉強時間を確保するのは非効率なのです。

しっかり熟睡して記憶を定着させるだけでなく、体と精神をしっかり休ませ、翌日の勉強に挑みましょう。

美容や勉強に適切な眠りとは

美容にも勉強の効率を良くする為にも気を付けなければならないのは、「睡眠の時間帯」ではなく、「睡眠の質」です。

睡眠前の習慣を見直して、質の良い睡眠を目指してください。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ