半身浴の効果的な時間と温度は?体重減が減るほど消費カロリーがあるの?

夏が近づくにつれ、ダイエットしなくてはと考える人も多いでしょう。

ダイエットの方法もいろいろありますが、できれば楽に痩せたいというのが本音ですね。

半身浴はどうでしょう。

お風呂につかるだけの半身浴、体重が減るほどの消費カロリーがあるのでしょうか。

半身浴の効果的な時間やお湯の温度も気になります。

今回は半身浴の方法、特に効果的な時間と温度、そして気になる半身浴での消費カロリーと体重減少効果などをご紹介します。

【スポンサードリンク】

半身浴の効果的な時間と温度

まず、半身浴とは胸の下のお腹あたりまで湯船に浸かる方法です。

全身浴は心臓や肺などの内臓に負担がかかり、長時間の入浴に不向きだとされています。

湯船のお湯の量を少なくするか、バスチェアを湯船に入れてその上に座って半身浴をするようにしましょう。

・効果的な時間

最低でも20分、30分ぐらいがオススメです。

入浴時間が長くなれば汗をかく量も多くなりますので、脱水症状が気になります。

必ず水分補給をしながら入浴するようにしてください。

20分、30分間、本や雑誌を読む、音楽を聴くあるいはハンドマッサージをする時間にしてもいいですね。

せっかくですのでリラックスしながら、一日の疲れを癒やして楽しみながら半身浴をしましょう。

・半身浴に最適な温度

少しぬるめの38度から40度が最適といわれています。

熱い温度になるとなかなか長時間入浴することができません。

低めの温度でもゆっくりと入浴することで身体の芯から温まります。

【スポンサードリンク】

消費カロリーと体重減少効果

半身浴をすることで消費するカロリーは性別や体重でも変わってきますが、だいたい100キロカロリー、多い人で200キロカロリーといわれています。

100キロカロリーの目安はポテトチップス10枚程度です。

正直、1回の半身浴での体重減少効果は望めないようです。

即効性はなく、半身浴を1か月続けても体重減少効果はなかなか感じられないかもしれません。

ただ、半身浴をすることで

・下半身を温め血流が良くなり、冷え症が改善されたり代謝があがる

・半身浴で汗をかき、毛穴の老廃物などを出すため美容効果も期待できる

・ゆっくりと入浴することでリラクゼーション効果も期待できる

など、うれしい効果もあります。

半身浴だけでは体重減少効果やダイエットには直接大きな影響を与えませんが、サブ的な効果は期待できます。

例えば運動をするときも半身浴で血行がよくなり代謝もアップしているので、ただ単に運動だけをするよりも効果があるようです。

忙しい時はどうしてもシャワーで済ませてしまいがちですが、代謝アップや冷え改善、美容のために今日から半身浴を始めてみませんか。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ