一人暮らしの電気代!パソコン、エアコン、テレビそれぞれの平均は?

「一人暮らしの電気代!パソコン、エアコン、テレビそれぞれの平均は?」

春から新生活が始まる人も多いですね。

初めての一人暮らしという方もいらっしゃるでしょう。

家賃以外にも生活する上で必要な、例えば食費や水道光熱費など、どれぐらいかかるのか気になりますね。

今回は毎月発生する電気代、その中でもパソコン・テレビ・エアコンに特に注目してみたいと思います。

【スポンサードリンク】

電気代の計算方法は

毎月支払わなくてはならない電気代の計算方法ですが、基本料金+電力量料金+燃料費調整額に消費税がかかります。

燃料費調整額は電力会社が決めるので、電気代を抑えたいと考える場合、関係してくるのは基本料金と電力量料金です。

基本料金は電気を使わなくても発生し、契約アンペアで決められる料金です。

一般的な一人暮らしの場合は、20Aで十分だと言われています。

電気の契約時に確認してみましょう。

例えば30Aから20Aに変えるだけで約300円安くなります。

電力量料金はもちろん使用した電気代となりますので、なるべく使用をせず抑えたいところになりますね。

一人暮らしの一月の電気代は春秋で3,000円、夏冬で4,000円から5,000円で、多い人は7,000円から8,000円もかかるようです。

春秋と夏冬の大きな違いはエアコンの使用の有無ですね。

エアコンはいったいどれぐらい電気代がかかるのでしょうか。

それぞれの電気代をみてみましょう。

【スポンサードリンク】

パソコン・テレビ・エアコンの1時間あたりの電気代は?

パソコン・・・1時間あたり3円から4円

テレビ・・・1時間あたり3円から4円

エアコン・・・1時間あたり20円(外気温7℃、室温20℃に設定した場合)

やはり、エアコンは電気代がかかりますね。

実は室外機を置く場所も電気代に影響します。

直射日光に当たる場所に室外機を置くと夏は室外機を冷やすため電力を使わなくてなりません。

室外機の設置場所を日陰にする、できない場合は直射日光に当たらないように専用の覆いをかけるなどの対策を取るようにするといいですね。

また、パソコンやテレビは起動時に電力がかかり、3円から4円の電気代がかかると言われています。

1時間使用したのと同じ電気代が発生してしまいます。

パソコンを30分ぐらい放置するのであれば省エネモードを利用した方がお得かもしれません。

その上パソコンの明るさやテレビの画面の大きさによっても電力が変わります。

大画面でテレビを楽しむのも素敵ですが、電気代も考慮してテレビのサイズを決めてみてはいかがでしょうか。

どうやら工夫次第で電気代も抑えることができそうですね。

エアコンの温度設定を希望より控えるだけでも、違いがでるようです。

夏はエアコンと扇風機を使い、冬は厚着をして湯たんぽを使いエアコンを控えてみてはいかがでしょうか。

安くしなくてはと躍起になるのではなく、今月はこれだけ電気代が安くなったと楽しみながらの一人暮らし生活を送くれるといいですね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ