押入れ収納のアイディア!棚やキャスターで奥の物も出し入れ簡単!

押入れ収納、ついつい見せたくないものを詰め込むだけで終わらせていませんか?

押入れは高さや奥行きがあり仕切りも少ないため、大きな物をしまうには便利ですが、洋服やカバンなど細かい物や、出し入れの多い掃除機など収納するには意外と不便なこともありますよね。

そんな押入れを棚やキャスターなど便利な収納アイテムや、アイディア一つで奥まで無駄なく活用してみるのはいかがでしょうか。

キャスター付きラックや棚、収納ケースで奥まで利用するポイントなど、ここでは押入れ収納のアイディアについてご紹介します。

棚やキャスターを活かしたアイディア収納で、誰かに自慢したくなる便利な収納スペースに変身させましょう!

【スポンサードリンク】

高さも活用できる!押入れを棚で広く使いこなそう

押入れは高さや奥行きがありますが仕切りや棚も無いまま使うとなれば、詰め込んで高く積み重ねるしかありません。

収納ケースをそのまま積み重ねるとキャスターが付いていても結局は取り出しにくく、物を取り出すのが面倒になりがちです。

押入れ用として販売されているラックだけじゃなく、家具としてよく利用されるボックスタイプの棚で、押入れの中を用途にあわて分割して利用してみましょう。

ラックタイプの棚はケースや箱に入ったものを見つけやすく収納するのに便利です。

ボックスタイプの棚を押入れに入れると、本やカバンなど小さな物をすぐに取り出し可能で、使った後もそのまま収納できるのでおすすめです。

スライドラック付きの棚なら、奥でも小さな物が収納できます。

簡単なアイディア一つで、高さも奥行きもしっかり使いこなしましょう。

【スポンサードリンク】

大きな物もキャスターで取り出し簡単♪

掃除機や季節ごとに入れ替える暖房器具や扇風機など、重さがあって形もバラバラな家電は、キャスター付きのトレータイプになっているラックやすのこを活用すると、奥までしっかり活用できて、さらに取り出しや整理に便利です。

キャスター付きの収納ケースには、ケースごと取り出して使用するアイテムを可能な限り細かくまとめるのがポイントです。

たとえば、マフラーや手袋など冬物の防寒具を収納ケースごとそのまま、押入れの手前に移動させたり、部屋に出しておけば冬の間はそこから取り出しができて収納場所にも困りません。

子供用のおもちゃ箱もキャスター付きなら、そのまま出し入れが簡単で片付けの習慣もつきやすく、散らかさずに済みます。

具体的な用途別にしっかりまとめられているキャスター付きの収納ケースなら、取り出すときにケースをあけて探す手間が無くなるのでとってもおすすめです。

ちょっとしたアイディアと手間で、押入れ収納はもっと便利になります。

押入れ空間を持て余している人は棚やキャスターなどのアイテムで、奥までの活用にぜひ挑戦してみてください!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ