足の冷え性!その症状と原因は?運動やマッサージで血流改善を!

昔から女性の悩みといえば真っ先にあがるのが足の冷え性。

現在は老若男女問わず足の冷え性に悩まされている方が多いようです。

冷え性といっても症状や原因は様々。

最も多い症状は手足の先の冷えです。

その中でも足先の冷えに悩まされている方が多いのではないのでしょうか。

年中足先が冷たい、ジンジンしびれて眠れない、寝付いてもすぐに起きてしまうなどの症状に困っている方。

運動やマッサージでその辛いお悩みを改善して頂ければと思います。

今回は足の冷え性の原因と、運動やマッサージによる改善方法をご紹介します。

【スポンサードリンク】

つら~い足の冷え性!その原因は?

寒い季節に手足が凍えてしまうことは当然のことですが、足先が温まりにくく、常に冷えた状態なのは原因があります。

その原因とは、筋肉量が少ないことにあります。

運動不足により筋肉量が少ない人は、筋肉運動による発熱や血流量が少なくなり、冷えやすくなってしまうのです。

冷え自体辛いものですが、下半身には体全体の約7割もの血液が集中しており、血流が悪くなると全身に様々な悪影響を及ぼす可能性があります。

【スポンサードリンク】

怖い足先の冷え性。その改善方法とは?

1.足を温める

足が冷えるからといって、靴下やレッグウォーマーを重ね履きするのは注意が必要です。

何故なら、締め付けが強いと血流が悪くなり逆効果になってしまうのです。

なるべく薄めで締め付けの弱い靴下を履くようにしましょう。

電気毛布も血液の流れを悪くさせてしまいます。

ぬくぬく暖かくて良さそうですが、実は根本的に足の冷えを助長させてしまいます。

そこでおすすめしたいのは足湯。

足が温まるだけではなく、本来持っている「自力で温まる力」を取り戻せます。

わざわざ足湯に行かなくても、自宅で簡単にできますので是非お試しください。

①バケツか桶を2つ用意します。

②片方にお湯、もう片方に冷水を用意します。

③お湯で足を3分温め、その後冷水に3分足をつけます。

④これを5、6回程繰り返し、最後はお湯で温めます。

⑤濡れた足を拭き、締め付けの弱い靴下で保温しましょう。もちろん重ね履きはNGです。

2.足指マッサージで血液の巡りを促す

①足の指を一本ずつくるくると回します。

②次に、左足指の溝に右手の指を入れ、ぐるぐると足全体を回します。

③逆側も同様にしてください。

オイルやクリームをつけるとやりやすいです。

3.筋肉量を増やす

足を鍛えるために有効な運動をご紹介します。

○スクワット

①足を肩幅に開き、頭の後ろで両手を組みます。

②背筋を伸ばし、5秒かけて膝を曲げます。

③太ももと床が平行になったら5秒静止します。

④筋肉を使っていることを意識しながら、息を吐きつつゆっくり元の体制に戻します。

⑤これを20回繰り返しましょう。

○踏み台昇降

①踏み台を用意します。

専用の台がない場合は、新聞紙や厚めの雑誌を数冊ガムテープでまとめたもので大丈夫です。

身長にあわせて5~20センチになるように調整してください。

②右足から乗り、右足から降ります。

③次に左足から乗り、左足から降ります。

④これをリズミカルに20分繰り返しましょう。

自分に合った改善方法を組み合わせ、無理なく冷えを取り除いていきましょう。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ