領収書とレシートの違い!経費を理解し整理して保管しよう!

「経費で落とすのであれば、領収書が必要、きちんと整理しておくように」と聞いたことがあると思います。

領収書をもらい損ねた場合、経費処理をすることは不可能なのでしょうか?

「レシートならある」という場合もあるでしょう。

レシートでは経費処理はできないのでしょうか。

そもそも領収書とレシートの違いはどこにあるのでしょうか。

今回は領収書とレシートの違い、経費処理の仕組みについてご紹介します。

個人事業主としてスタートした方も社会人の方も、領収書とレシートの違いを、頭のなかできっちり整理し理解しておきましょう。

また経費処理をする際は整理して保管することをオススメします。

それでは、領収書とレシートの違いを経費の側面から学んでいきましょう!

【スポンサードリンク】

領収書とレシートの違い

まずは、経費の側面の前に、領収書とレシートに書かれている内容の違いから見ていきましょう。

例えば、ボールペンとシャーペンを購入したとします。

通常であればレシートをもらいますよね。

レシートには、購入店舗名、購入日、商品名、代金が記載されています。

領収書をもらったとしたら、領収書には購入店舗名、購入日、代金が書かれ、但し書きには「商品代」と記載され、あて名にはあなたの名前が記載れます。

つまり、領収書とレシートの共通点は購入店舗名、購入日、代金が記載れていることです。

両者の違いとしては、領主書には購入者が記載されますが、商品の詳細が記載されないことがほとんどで、レシートは商品の詳細はわかるものの、購入者がわからないということになります。

【スポンサードリンク】

経費処理の仕組み

では実際、領収書でなければ経費処理はできないのでしょうか?

実は結論からいうと、どちらでも経費処理はできるのです。

消費税法上は領収書でもレシートでもどちらでも構わないということになるのです。

経理の帳簿に購入品目まで記載し、説明することができれば良いのです。

会社の場合は、会社の運用規則があると思いますので、領収書のみなのか、レシートでも良いのか確認した方が良いでしょう。

個人事業主の場合、消費税法はどちらでも良い問ことを踏まえて運用ルールを決めることができます。

領収書もレシートも両方あれば全ての必要項目が網羅できますが、領収書を発行してもらうと、レシートはお店で保管されますので、もらうことはできません。

領主書の但し書きに全ての商品名を記載してもらうのが一番正確かもしれません。

また、クレジットカードで支払いをした場合ですが、レシートも領収書もない場合は、サインをした控えでも消費税法上は問題ないようです。

ただし、クレジットカード会社から毎月送られるカード利用明細では厳密にいうと領収書やレシートの代わりにはならないのです。

それは発行者が購入店舗ではなくカード会社だからです。

ちなみに消費税法上は3万円以下の消耗品であれば、支出を証明するもの(いわゆる領収書やレシート)不要であるとされています。

ただし、経理上の支出に関して説明できることが必要です。

経費で支出したものに関しては、領収書かレシートを用意し、ノートや紙にわかりやすく貼って7年間保管することが義務付けられています。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ