妊娠中の運転はいつまで大丈夫?高速の利用は問題ない?

妊娠中の女性がいつまで運転してよいのかを調査してみました。

中には夫婦共働きで子育てをしており、どうしても運転が必要な人も少なくないでしょう。

普段の運転はいつまで大丈夫なのでしょうか?

気をつける必要があること、また高速はどうなのかも見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

妊娠中の運転、法律上・健康的には?

まず法律上においては妊娠中の女性がいつまで車を運転しても問題になることはありません。

運転することで罰金や警察にどうこう言われることはないそうです。

次に健康の面で見てみましょう。

調べたところ妊婦さんが運転を続けたからと言って、胎児に健康被害を与えることは、そう無いそうです。

しかし、普段より疲労も激しいため、長時間の運転などによっては眠気が襲ってきてしまうこともありますし、妊婦さんの状態によっては、つわりが激しくなったりすることもあるでしょう。

運転中に破水をしてしまうこともあります

妊娠中ですが、 特に臨月の時には運転中に破水をしてしまう可能性があります。

陣痛などが起こった時のことを想定しておきましょう。

出来れば自分で近くの病院を把握しておくことが大切です。

腹が大きくなると足元のペダルが見えないことや、お腹を圧迫するエアーバッグなどにも逆に注意が必要になります。

もしもの事故にいつも以上に、気をつけている必要が普段からあります。

注意しておきましょう。

ですので運転は可能ですが、産婦人科でも臨月は避けるべきだとされているようです。

【スポンサードリンク】

長時間の運転を避けましょう

1時間以上の運転は控えましょう。

妊婦さんは急に眠気が襲ってきたりもしますので車の運転は控えめにする事が正しい考えです。

車内が暖かくなり、疲れが溜まっているときなどには注意が必要です。

またその逆にエアコンがんがんで聞きすぎてしまっても体に良くないので注意しましょう。

また、ここまでのことを考えると高速の利用も出来る限り避けた方が良いことが考えられます。
 

胎盤のうっけつにも注意が必要です

 
妊婦さんが同じ姿勢で運転していると、血流が停滞してしまう症状が発生する可能性があります。

十分に注意をする事が大切ですね。

そのため1時間以上の運転は妊婦さんは控えるようにしましょう。

1時間を超える運転をしなくては成らないときには、しっかり間隔を空けて15分ほどの休憩をとるようにしましょうね。
 
また運転を誰かに運転してもらう時には助席に座らないようにしましょう。

助手席よりも後部座席の方が安全性が高いようです。

特にエアバッグの装着している車には十分な注意が必要になります。
 

母子手帳はいつでも所持して運転

移動中は母子手帳はいつでも所持して運転していきましょう。

母子手帳を持っていれば健康状態や検診をいつ行ったのかわかるので個人的に安心できます。

外出する際は母子手帳は必要です。

もし運転中に事故にあってしまった場合には、救急隊の方が母子手帳を見て、妊娠何か月なのか?そして妊婦さんの健康状態のチェックすることができるためです。

必ず母子手帳を持って行動しましょう。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ