体力作りランニングの効果的な距離は?時間は朝・夜どちらが効果的?

体力作りにランニングを始めてみたい!という人や、体力作りや健康のためにランニングをしている人は増えているようです。

健康や体力作りに効果的で、一人で始められるスポーツとして人気のあるランニングですが、走る時間帯や距離で効果にどれくらい違いがあるのか気になりますよね。

また、すでにランニングを始めている人は、朝と夜どちらで走っていますでしょうか?

実は朝と夜とではランニングで得られる効果に違いがあるのです。

ここではランニングの理想的な距離はどれくらいなのか、朝と夜の効果にどんな違いがあるのか、体力作りにおすすめのポイントをまとめてみました。

効果的な距離や、朝夜などの時間帯を学び、より良い体力作りのランニングを行いましょう!

【スポンサードリンク】

体力作りなら無理はしないこと!距離と時間の決め方

ランニングで体力作りを始める際、いきなり長距離を全力で走らない様に注意しましょう。

やる気のある最初は、ついつい距離を決めて走りたくなってしまうものです。

しかしランニングは心臓や膝などに大きく負担を掛ける運動のため、体力が無い状態で最初に距離を決めてしまうのは危険です。

初めは、距離は大まかに1~2kmを目安にしてウォーキングを交えながらゆっくり走るようにしましょう。

また「5分走ったら息を整えながら歩いて、また5分走る」など一定のリズムで身体を慣らしながら、負荷を少しずつ掛けるのが体力作りには効果的です。

この身体を慣らす期間を2~4週間程度とってから、2km、3km、と具体的な目標になる距離を決めてランニングを行うと、身体に負担が少なく、長く続けることが出来るでしょう。

ランニングを習慣として続けるのであれば、最終的に5kmを30分以内に走ることを目標にすると良いそうです。

距離と時間を少しずつ調整しながら、ランニングを行いましょう!

【スポンサードリンク】

ランニングにおすすめの時間!朝と夜それぞれの効果は?

朝のランニング

朝のランニングは脳の活性化や体温を上げて代謝を促してくれます。

そのためダイエット効果や一日の集中力をアップさせて仕事の効率を良くする効果があると言われています。

ですが一方で、目が覚めてから身体を動かすのに最適な状態になるまでには3時間程度必要とされているのも事実です。

睡眠中には汗などで水分が失われているので、起きてすぐに運動をするのは、身体に大きな負担になることも指摘されています。

効果的では有りますが、早起きが出来ない人や、午前中に時間をたっぷりと取れない人には、朝のランニングはあまりおすすめできません。

◆朝のランニング効果まとめ◆
ダイエット効果
1日の集中力アップ

夜のランニング

夜のランニングは心地よい疲れによる、質の良い睡眠と疲労回復、ストレスの解消などに効果があります。

また、朝の仕度や通勤、通学で時間が取りにくい朝と比べると夜は時間を作りやすいというメリットもありますが、それで睡眠時間を削ってしまっては元も子もありませんので気をつけましょう。

◆夜のランニング効果まとめ◆
質の良い睡眠がとれる
疲労回復
ストレスの解消

まとめ

ランニングは朝と夜それぞれメリットとデメリットがあることを知った上で、生活や身体に負担の少ない時間を選ぶことが大切です。

無理のない時間を選び、継続的にランニングを行って体力作りに挑戦してください。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ