パパイヤってどんな味?苦いってホント?食べごろはいつ?

パパイヤを食べたことがありますか!?

パパイヤという名前は聞いたけど味までは分からない人がほとんどではないでしょうか?

今回は、パパイヤが苦いというのは本当なのか?

どういう味がするのかや食べごろはいつなのかを調べました。

食べるときに知っておけば、失敗しなくて済むかもしれませんよ!

【スポンサードリンク】

よく聞くパパイアってどんな味なの!?

パパイヤやマンゴーと聞くと南国の食べ物で甘そうな味のイメージがあるのではないでしょうか!?

完熟の状態であれば味は甘いですが、皮に近い所に苦みが残っている場合があります。

よくパパイヤを食べて苦い思いをしたとき聞きますが実は理由があります。

その理由の1つには、収穫時期に関係があります。

通常パパイヤは、木の上で熟します。

日本に輸入をされる場合は、完熟になる前に収穫されます。

そのため、熟れてない可能性があるんです。

購入の際は、お店の人に聞いたり、「パパイヤの食べごろははいつになるの?」の項目を読んで理解し、完熟しているかをちゃんと確認しましょう!

【スポンサードリンク】

パパイヤには料理用のパパイヤがあるって本当!?

気になる情報を発見しました。

それは、パパイヤには料理用のものがあるのです。

この料理用のパパイヤは炒めたり煮たりと手を加えたりサラダで食べたりするわけですが・・。

料理用のものは、熟れても甘くはならないのです。

調理方法によって甘みを加えることでおいしく食べられる方法を見つけるのも1つですよ♪

パパイヤの食べごろははいつになるの?

手で触っても柔らかいと感じ、甘い香りがしてくるごろが食べごろの目安となりますよ!

この状態になると、味もだいぶ甘みを増してきます。

さらに言えば表面が黄色くなりつやつやしているのがベストな食べごろだと言われています。

3/4ぐらいが黄色になるまでは、食べるタイミングではないので熟すまで常温で置いておくと良いでしょう。

常温で老いておき全体的に熟れてきたと思ったら冷蔵庫にて保管するとよりおいしく味わって食べられます。

熟した場合、冷蔵庫で保存すれば持ちますが、なるべく早めに食べることをお勧めします。

長期間冷蔵庫で保存すると味に変化が出てきてしまいますので注意してくださいね。

パパイヤに含まれる栄養素は女性に嬉しい!

パパイヤの苦み成分は、パパインと言われる脂肪分解酵素なんです。

このパパインという脂肪分解酵素は、熟れてないパパイヤにのみ豊富に含まれており、美肌や健康に効果があるそうです。

それ以外にもポリフェノールが含まれていますよ!

パパイヤの脂肪分解酵素は、熟してしまうと消えてしまうんです。

不思議ですよね、消える代わりにカロテンが増えます。

葉酸も沢山含まれているので、貧血気味の女性や妊婦さんにはお勧めです。

アンチエイジング効果も期待ができますよ!

熟れていないパパイヤも、熟したパパイヤもそれぞれに健康効果があるんですね。

沖縄で栽培されるパパイヤは2種類♪

パパイヤといえば、南国の食べ物と思われがちです。

実は輸入に頼らなくても日本で2種類の栽培が現在はされています。

野菜用パパイヤとフルーツパパイヤの2種類です。

苦みがある野菜用パパイヤも手をくわえて調理すれば美味しくなるようです。

少し工夫をして是非味をチェックしてみてくださいね。

価格も400円程度ぐらいで売られています。

肌の弱い人は注意が必要!?

パパイヤを触る時に手が痒くなることもまれにあるようです。

肌の弱い方は、パパイヤ調理する時や完熟しているか確認するときも気を付けてくださいね。

触った後は、しっかり手を洗ってくださいね。

今回のまとめ

パパイヤを実際食べてみて苦いと感じた方、実は熟れてなかったのかもしれません。

完熟で手で触っても柔らかさが感じられるぐらいになれば、甘くておいしい味ですよ!

苦みが気になる場合は、少し手を加えてみてくださいね♪

購入時にフルーツとして食べられるものなのか、野菜としてのパパイヤなのかのチェックは忘れないようにしてください。

その時点で間違えているといつまで待ってもパパイヤの味は苦いままです!

是非確認してからご賞味くださいね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ