ストレスやうつが原因の過食!対策して改善しよう!

人間はよくストレスがたまっているからやけ食いをするといいますね。

やけ食い程度ではなく、食べたくないのに気が付くと食べてしまうような過食はどうでしょう?

過食をするにはやはり原因があります。

ストレスでしょうか?もしかしたらうつかもしれません。

過食になる原因を追究して、対策をとって改善しませんか?

【スポンサードリンク】

過食になる原因は?ストレス?うつの症状?

過食になる原因は、セロトニン不足といわれています。

セロトニンとは脳内物質のひとつで、心のバランスを整えてくれる神経伝達物質です。

ストレスや疲れがたまっているとセロトニンを生み出すセロトン神経がうまく働かず、結果セロトニンが不足することになります。

セロトニンが不足すると精神的に不安定になり、そこからストレスを感じ、またセロトニンが不足するという悪循環を繰り返します。

悪循環を断ち切らない限り、過食は止まりません。

もちろん、うつの症状として過食などの摂食障害が表れることがよくあります。

うつの人の中でも特に人の目が気になる人、逆におおざっぱで細かいことを気にしないタイプのひとは過食になる確率が高いといわれています。

【スポンサードリンク】

過食対策をして症状の改善を目指しましょう

過食対策、ストレス軽減の対策として次の方法をオススメします。

・自分が過食であることを認識する

周囲や医師から過食と言われた場合は、素直に受け止め、自分を一度客観視する勇気を持ちましょう。

食べたくないのについつい食べ物を口に運ぶ、無意識のうちに食べ続けることもよくあるようです。

他人から指摘を受けたら疑わずにまず耳を傾けて、過食であるということを認識することから始めましょう。

・過食が病気であることを認識する

過食は甘えではなく、病気であることを知りましょう。

医療機関を受診することをおすすめします。

・食べている自分を責めない

食べることが悪い、怖いと考えるのではなく、食べて体も心も元気になろうとポジティブに考えるようにしましょう。

・ストレスをためない

現代社会の中でノンストレスではなかなか生きていくことはできません。

自分だけが辛い、阻害されているとマイナス思考をしてしまいがちですが、他の人も同じなんだなと少し考え方を変えてみるのも一つの方法です。

また他人と積極的に接する、家族や友達に相談するなど、ストレスと上手に付き合っていく方法を見つけましょう。

・セロトニンを増やす

太陽光に当たって網膜を刺激すると、セロトニン神経が正常に機能するようになります。

ウォーキングやジョギングなどの運動でセロトニン神経を活性化しましょう。

過食を気にするあまり、食後の後に嘔吐、下剤を使って体重維持をする人もます。

繰り返すと月経不順、食道炎、カリウム不足などの症状も引き起こす恐れがあります。

過食かな?と思ったら、ご紹介した対策を試してみてください。

症状が改善されない場合は医療機関の受診をおすすめします。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ