喉の痛みが治らない!食べ物を工夫する治し方は?

朝起きたらなんだか喉がいや~な感じ・・・

気のせいだと思いながらも、どんどん強くなるあの喉の痛み。

誰もが一度は経験ありますよね。

喉って痛くなるとなかなか治らない、非常にやっかいなもの。

皆さんの喉の痛みの治し方はどのようなものでしょうか?

治し方なんか知らないから特になにもしない、放っておく・・・という方も多いですよね。

なかなか治らない原因はそこにあるかもしれません。

実は、喉の痛みと食べ物には密接な関係があるんです。

今回は喉に悪い食べ物、良い食べ物をご紹介します。

喉の痛みに気付いた方、なかなか治らない方は食事に取り入れてみてください!

【スポンサードリンク】

喉に悪い食べ物

喉の痛みを悪化させる可能性のある食べ物をご紹介します。

喉に痛みがある時は避けるようにしましょう。

アイス類

冷たくてすっきりする物を食べたくなるかもしれませんが、喉を冷やす食べ物は良くありません。かき氷やアイスなどは避けるようにしましょう。

ナッツ類

硬い食べ物は喉を通る時に刺激を与え、喉を荒らしてしまう可能性があります。

アルコール

お酒は喉に負担をかけます。アルコール消毒にはなりませんのでご注意下さい・・・。

刺激物

辛い物やにんにくなどの刺激物は炎症を悪化させます。

【スポンサードリンク】

喉に良い食べ物

病院に行く時間のない方、薬には頼りたくない方必見です!

はちみつ

はちみつは昔から薬としても利用されており、強い殺菌力や消炎作用が認められています。しかし1歳未満の赤ちゃんには、はちみつは厳禁ですのでご注意ください。

大根

大量のビタミンCと酵素が含まれており、強力な消炎作用があります。生の大根、特に汁に含まれています。

玉ねぎ

意外かもしれませんが、玉ねぎにも殺菌作用が含まれています。

この大根と玉ねぎに最強食材のはちみつを合わせた「はちみつ大根」、「はちみつ玉ねぎ」がおすすめなんです!

はちみつ大根の作り方

1.大根を0.5センチ角に切ります。

2.切った大根を容器に入れ、ひたひたにつかるまではちみつを注ぎます。

3.2~3時間浸け置きます。浸け置くと大根からエキスが出てはちみつに溶け出します。

4.このエキスが溶け出したはちみつをスプーンですくって摂取しましょう。

はちみつ玉ねぎの作り方

1.はちみつとお酢、お水を大さじ5杯ずつ混ぜ、塩少々を加え鍋に入れて火をかけます。

2.沸騰したら、くし形切りにした玉ねぎを中2玉分入れて1,2分煮ます。

3.粗熱をとり容器に入れて蓋をし、冷蔵庫でしばらく寝かせれば完成です。

喉に違和感を感じたり、痛み始めたら是非早い時期にお試しください!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ