賃貸で騒音トラブル?正しい相談先と解決方法は?

アパートやマンションなどの賃貸住宅に住んでいると隣人の騒音が気になることがありますよね。

気になる程度なら未だしも、気に病むくらいに酷いと物凄くストレスになります。

特に、非常識な時間帯での隣人の騒音は所謂、隣人トラブルになる原因の5本の指に入ると言われています。

賃貸ならなおさら、色々な人が入ってくるため、騒音トラブルに発展しやすいでしょう。

日中は未だしも夜中寝ているときに大笑いする声が聞こえたり掃除機や洗濯機の音が聞こえたら、自分の生活に支障をきたしてしまいます。

賃貸住宅ですと最終手段は引っ越し…となりますが、そうなる前に隣人の騒音トラブルを防ぐための対策と相談先を駆使してください。

騒音トラブルの解決方法と正しい相談先を間違わなければ平和に暮らせますよ。

それでは、騒音トラブルの解決方法と正しい相談先について見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

賃貸での騒音トラブルの解決方法

①まずは住む前に構造を確認しましょう。

②もう住んでいる場合は、耳栓や家具の位置などを変えて対策を。

③それでもうるさい場合は、証拠を保全し、正しい相談先へ一度相談しましょう。

賃貸の場合、まずは管理会社に相談するのが正しい判断です。

下手に自分で解決しようとしても、拗れてしまうので自分独自の解決方法を取らないようにしましょう。

【スポンサードリンク】

騒音トラブルの正しい相談先と解決方法

深夜の騒音トラブルは明らかに非常識な時間帯です。

我慢する必要はありません、賃貸の場合、まずは管理会社に相談してみましょう。

こういった場合、どこに相談するのが正しいのか迷いますが、まず「管理会社」に相談するのが一番正しい判断です。

以下の手順で対策をしてみましょう。

1.管理会社に相談

管理会社に相談しましょう。

その際、匿名希望で解決したい旨を必ず伝えて下さい。

2.それでも改善されない場合証拠を集めます

スマホ等で音を録音し、騒音計で測りましょう。

もうその上で、一度管理会社に連絡してから直接音を聞いてもらうよう依頼します。

3.弁護士に相談

それでも解決しない場合は、騒音器計の結果や不眠症になった場合は心療内科または精神科の診断書を貰い、弁護士に相談するのがベストです。

それが出来無ければ4の引っ越すという手段に移りますが、どうしてもこの部屋に住みたい!わざわざ引越しするのは悔しい!という気持ちが強ければ弁護士に相談しましょう。

4.引っ越す

「泣き寝入りみたいで嫌」という方もいらっしゃいますが、心身を壊すくらいなら引っ越した方が良いでしょう。

必見!賃貸住宅を選ぶときに

そもそも騒音トラブルに会いづらい物件を選ぶのも有効な手段です。

賃貸住宅の物件を選ぶ時に、アパートやマンションの構造をよく確認しましょう。

外見がオシャレでこじんまりとした部屋数の少ない物件は要注意。

なぜならこの手の物件は音が響きやすい木造構造の場合が多いためです。

対して、あまりオシャレではないけれど(?!)ガッチリとした建物で部屋数かつ階数が多い物件は鉄筋コンクリートが多いです。

鉄筋コンクリートは音が響きにくく実際、木造よりも騒音に悩むケースは少ないです。

音に気になる方は鉄筋コンクリートの物件を選んだほうが快適ですよ。

悪意の無い騒音に悩んでいる方…対策法は?

一口に「騒音」といっても悪意の無い騒音というのもあります。

例えば…。

・常識的な時間帯での掃除機や洗濯機の音

・トイレやお風呂の水音

・赤ちゃんの泣き声

・常識的な範囲内でのテレビの音量や話し声

・携帯電話の着信音

…等々、常識的な暮らしをしていても、どうしても音が出てしまうことは多々あります。

こういったケースは管理会社に相談をしても中々解決にならないことも。。

何故なら音の主は、常識的な時間帯での生活音だと、何が騒音になっているか気付かない為です。

それでもやはり、ストレスになりますよね。

そういったケースは自分で対策をするのが手っ取り早くストレス軽減をする近道です。

騒音ストレス軽減グッズには以下のようなものがあります。

・耳栓(¥500〜)

軽い騒音なら安価な耳栓も大活躍です。

・イヤーマフ(¥3.150〜)

PELTORというメーカーが出しているイヤーマフさ耳栓をしても防ぎきれなかった音に対して活躍します。

・本棚や食器棚を移動!

隣人と自分の部屋の間の壁沿いに本棚や食器棚など大きめの家具を設置すると驚くほど音が防音されます!

自分の出す音も隣人に伝わりにくくなるので力仕事になりますがストレス軽減のために置いてみるのも手です。

・音の出る方向に布団やベッドを置かない

人間誰しも安眠妨害をされると大きなストレスがかかるので出来るだけ、音のする方向で寝ないことをおすすめします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

騒音トラブルは、結構なストレスを溜めてしまう問題です。

素早く対処してスッキリしましょう!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ