ニコチン依存症をチェック!治る期間はどのぐらいかかるの?

タバコを吸う喫煙者の中にはなかなかタバコをやめたくてもやめられない人も多いと聞きますね。

ヘビースモーカーになると健康への被害も気になるところですが、わかっていてもやめられない人も多いと聞きます。

もしかしたら、ニコチン依存症かもしれません。

最近よくメディアでも取り上げられているニコチン依存症について、自分は依存症かもしれないチェックしたいと気になる方もいらっしゃるでしょう。

ニコンチン依存症かどうかをチェックできるのをご存知ですか?

今回はニコチン依存症チェックについてご紹介したいと思います。

そして、もしニコチン依存症だとしたらどのくらいの期間で治るのかも気になるところだと思いますので、合わせてどのくらいの期間で治るのかもご紹介します。

【スポンサードリンク】

ニコチン依存症とチェック方法

タバコに含まれているニコチンには依存性があるといわれていて、このニコチンの依存性がタバコをやめられない大きな原因のひとつであるといわれています。

ニコチンは口腔内粘膜からも皮膚からも吸収され、とても吸収率が高く、吸収が早い上に消費するのも早い物質なのです。

早ければ、30分でもう1本吸いたくなる人もいるようですね。

これは脳細胞にニコチンが働きかけ、ある一定程度のニコチンが体内に存在しなければならないと指令を出すからなのです・

この現象がいわゆるニコチン依存症といわれる症状なのです。

ニコチン依存症かどうかをチェックできるのはお医者さんで行われるニコチン依存スクリ-ニングテストが有効であるといわれています。

10項目程度の簡単な質問にチェックをし、ニコチン依存度を測ります。

該当項目の多さにより、ニコチン依存度を判定することになります。

気になる人は一度病院でテストを行ってみると良いでしょう。

【スポンサードリンク】

どのくらいの期間で治るのか?

ニコチン依存者であると医療機関で診断を受けたような場合は、ニコチンの依存度も高いため、なかなか自己で禁煙を目指しても成功することは難しいようです。

医療機関の禁煙外来を受診し、禁煙を目指すことをオススメします。

しかし禁煙外来を受診したとして、治療にどれぐらいの期間がかかるのか気になりますね。

厚生労働省によると、治療の目安としては、初診、4回の再診(2週間後、4週間後、8週間後、12週間後)でうまくいけば、離脱成功となるようです。

毎回の呼気一酸化炭素濃度を測定し、禁煙が続いているか否かを判断されます。

また、禁煙外来を受診する上で気になることは保険適用があるかということだと思います。

ニコチン依存スクリ-ニングテストが5点以上、これまでの喫煙量が200本以上(35歳以上の方のみ)、すぐに禁煙をしたい、禁煙治療を受診することに同意しているという4項目に該当すれば健康保険等の対象となります。

受診前に医療機関に確認の上、受診をしてください。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ