日本の地震の原因!断層やプレートって結局何なの?

面積の小さい日本ですが体感できない地震を含めると、それこそ数え切れないほどの地震が発生しています。

日本にいると、定期的にニュースで地震の速報が目に入りますよね。

日本は他の国に比べ地震が多いため、一部では地震大国なんて呼ばれ方もされているようです。

また、小さな島国の日本では地震がくると、合わせて津波なども発生するため、色々と地震に対して不安も多いですよね。

そのそもなぜ日本では地震が多いのでしょうか?

その原因は何でしょう?

実は地震が発生する原因は「プレート」や「活断層」が日本の真下には多く存在するからだと言われてします

では、この地震の原因になる「活断層」や「プレート」とはいったいどんなものなのか、ご存知でしょうか?

ニュースで「断層」や「プレート」と、見かけた人も多いでしょうが、これらの正体をご存知でしょうか。

ここでは地震の原因である断層やプレート、地震の仕組みなどをご紹介します。

それでは、日本の地震が多い原因や理由を軸に、断層やプレートについて見ていきましょう!

【スポンサードリンク】

地震が起こる仕組みとは?

地球の表面は一枚の層で覆われているわけではなく、プレートと呼ばれる岩の層がパズルのように組合って地球の表面を覆っています。

ただしパズルと違う点があり、プレートはそれぞれが地下で流動するマントルの影響で端から僅かずつ引き込まれたり移動をしているのです。

プレートとプレートの境目で引き込まれる力の負荷が蓄積されると、プレート自体が元に戻ろうと跳ね上がったり、地表に近い部分に亀裂が入り断層が生まれるときに地上で地震が発生します。

プレートのひずみが限界に達してプレートそのものが跳ね上がるときに起こる地震を「海溝型地震」地表に近い部分が断層を境目にずれることで起こる地震を「活断層地震」と呼びます。

地震の主な原因はこの2つです。

そして、それぞれに大まかな特徴があります。

プレートが原因で起こる「海溝型地震」は津波を引き起こす可能性が高い地震です。

「活断層地震」は、震源が浅く限定的な範囲で、大規模な地震が繰り返し起こる可能性が高いそうです。

【スポンサードリンク】

日本のプレートと断層

日本の周辺にはオホーツクプレート、太平洋プレート、ユーラシアプレート、フィリピン海プレートの4つのプレートが存在し、ぶつかり合っています。

プレートがぶつかり合う日本の周辺は、このことから世界と比較しても地震の多い地域だと言えます。

また、日本の地中には活断層もたくさん存在すると判明しています。

ただし、活断層の位置や規模は、把握しきれていないため、位置や規模を細かく調査する作業が、今も続けられています。

現在分かっていて、注意が必要な断層の位置は、地震関連の様々なデータと一緒に公開されていますので、最新のものを確認することをおすすめします。

引越し先や家を建てるときは、その情報を確認しておくと、地震に対し危険な地域を回避することが出来るでしょう。

このようにプレートや断層、地震の起こるメカニズムを知識として身につけると、地震に対し安全性を高めることが可能です。

普段使わない知識かもしれませんが、少し勉強しておくと、いざ地震が来た際に安全性を高めることができるでしょう。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ