猫の平均寿命は?室内飼いと放し飼いに違いはあるの?

猫の現在の平均寿命をご存知でしょうか?

ペットとして飼われている動物たちの平均寿命は長くなる傾向にあり、猫の寿命も数年前から比べると向上しつつあります。

野良猫の平均寿命は4~5年ですが、ペットとして室内で飼われている猫は三倍は十分に長生きできるようになりました。

また、同じように飼われている猫でも室内飼いと屋外を自由に出入りしている猫では平均寿命が違っており、寿命は猫が過ごす環境にも大きく影響を受けています。

室内飼いと放し飼いで平均寿命にはどのぐらい差があるのでしょうか?

ここでは、室内飼いの猫の平均寿命や、室内で一生を過ごす猫ちゃんの寿命についてまとめてみました!

【スポンサードリンク】

室内で過ごす猫の平均寿命は?どれくらい長生きするの?

長生きした猫の例に2005年に他界した、38歳と3日生きたメスの猫がいます。

さすがにここまで長生きするには猫の個体差もあるので難しいですが、先ほども述べたとおり、ペットとして飼われている猫の寿命は数年前と比べると大きく伸びていて、長生きする猫の報告も続々と更新されています。

室内飼いの猫でも昔は平均10年と言われていたのが、今では平均16年以上生きるのが当たり前のようになり、平均寿命が変わりつつあります。

平均寿命が長くなる理由の一つは飼い主のキャットフードへの関心が高まったことで品質が良くなり、猫の年齢や体質に合わせて栄養バランスが考えられた商品が増えたことにあります。

昔は子猫用と成猫用程度しか手に入りづらかったキャットフードも、年齢に合わせたシニア用や体調や体型別の肥満体型向けなんていう商品も一般的に販売されるようになりました。

それに加えて、医療技術の進化によって昔は治療することが出来なかった動物の病気も、予防や手術、投薬などの治療が可能になっていることが理由に挙げられます。

【スポンサードリンク】

猫に長生きしてもらうには室内飼い?

室内飼いの猫と比べると、屋外を行き来し自由に過ごす猫は、病気や怪我や交通事故に遭う危険性が圧倒的に高まり、平均すると7年程度とも言われていて、寿命がだいぶ短い傾向にあります。

では、室内で飼うことだけが猫のためになるかと言われると、猫それぞれの性格によっては閉じ込められることで強いストレスを感じる場合もあり、また運動不足が原因の肥満や病気のリスクも高まります。

また、老化の始まる速さや病気を発症する確率にも固体差があります。

ストレスが解消できる環境づくりや運動不足の予防を行い、それぞれの猫の性格にあった環境で飼うことが長生きには必要です。

獣医さんとも相談しながら、予防接種や健康ケアを欠かさず、愛情を持って接してあげることが大切です。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ