夏の肌トラブルの種類!肌の乾燥にもしっかり対策しよう!

夏が近づいてきました。

楽しいイベントが盛りだくさんだから楽しみにしている人も多いでしょう。

夏の外出には皆さんも紫外線対策もばっちりだと思います。

しかし、肌乾燥に対してはどうでしょう。

夏は汗もたくさんかくので乾燥もしにくいと思っていませんか?

肌の乾燥含め、実は夏は肌トラブルがとても多い季節なのです!

顔が乾燥したり、にきびができたりと肌トラブルの種類も様々です。

今回は顔の乾燥をはじめとした夏の肌トラブルの種類、そして種類別の対処法についてご紹介したいと思います。

今更な内容も在るでしょうが、ここで一通りの夏の肌トラブルの種類を復習しておきましょう!

【スポンサードリンク】

夏の肌トラブルの種類

乾燥

肌や顔の乾燥は冬だけのものではありません。

夏も乾燥で悩む人が多いのです。

夏は紫外線で日焼けをしてしまい、日焼けをすることで肌が乾燥してしまうのです。

日焼けだけではありません。

暑いので冷房が効いた室内で過ごすことも多く、これも乾燥の原因になるのです。

また、汗をかくので何度も洗顔することもあるでしょう。

洗顔によって皮脂を取り除きすぎたり、洗顔後そのまま放置していると皮膚の水分が蒸発する際に必要な水分まで蒸発してしまうことがあり、乾燥へとつながるのです。

夏は日焼け対策に目が行きがちですが、その後の乾燥への対策もちゃんと行わなければなりませんね。

にきびや吹き出ものが多くなる

汗をかいた後そのままにしておくと、皮膚の表面に汗や老廃物が溜まり毛穴を防いでしまうために、にきびや吹き出ものができる原因を作ってしまいます。

また、日焼け止めの中でもウォータープルーフタイプのものを使う人も多いでしょう。

汗にも水にも強いので人気の商品ですが、普通に洗顔するだけでは落ちにくいという点も気をつけなくてはなりません。

毛穴に詰まってしまい、にきびや吹き出ものの原因にもなってしまう可能性があります。

日焼け

ご存知の通り、非常に紫外線が強い時期です。

対策を取らない状態で外出してしまうと、皮膚が赤くなったり、水ぶくれができる、沈静したのちにシミになるなどのトラブルが起こる可能性があります。

【スポンサードリンク】

対策法

乾燥

洗顔後に化粧水や乳液等で保湿を心がけましょう。

夏でも保湿が必要です。

夏用の軽い使用感の化粧水や乳液が販売されていますので、そちらを使用してみても良いでしょう。

冷房の中では、化粧をした上から保湿できる化粧水タイプのものなどを使用し、保湿を心がけましょう。

にきびや吹き出もの

日焼け止めを夏はSPF値の高いものやウォータープルーフタイプのものを使うことも多いと思いますが、SPF値の低いものを何度か塗り直しする方が効果が高いともいわれています。

肌への負担などを考えて、日焼け止めを選ぶようにしてみてはいかがでしょうか。

日焼け

日焼け止めだけでなく、帽子や日傘などの日焼けグッズも使用しましょう。

長袖の服も有効です。

洗濯物を干す際など帽子や日焼け止めを塗らずに外に出るような無防備な時間がありませんか?

少し気を付けるだけで日焼けを防ぐことができます。

夏は本当に肌トラブルの多い時期です。

日焼けだけに注目せず、様々な肌トラブルへの対策を行いましょう。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ