納豆の賞味期間はいつまで?賞味期間が切れて一週間たっても大丈夫?

納豆にはものすごく栄養が豊富ですね!
しかも安い!!
ついつい大量購入して、賞味期限が切れそう!って経験をよくするのは私だけでしょうか…。

そんな大量購入しがちな納豆ですが【納豆は元々腐っているから賞味期限が一週間くらい切れても大丈夫!】って話をよく耳にしませんか?

本当に一週間くらいなら問題なく食べられるのでしょうか?

保存はいつまで大丈夫なのでしょうか。

賞味期限が切れた納豆は本来、いつまで食べられるのかその謎についてご説明いたします!

【スポンサードリンク】

納豆の特色について

そもそも納豆は腐っているわけではなくて、発酵食品です。

「腐る」というのは、食中毒を引き起こす菌が湧くことですが「発酵」は、体に良い影響を与える菌が含まれていることです。
納豆菌や乳酸菌などが有名ですね。

納豆には
・納豆キナーゼ〜癌の抑制、血液をサラサラにする
・納豆ムチン〜美肌効果
・食物繊維〜便秘の解消
・レンチン〜脳や体細胞の働きを活発にする
・ビタミンB、ビタミンE〜新陳代謝を良くする、疲労回復、血行を促進して貧血を予防する
・etc…
他にも、納豆菌由来の整腸剤なども販売されています。

賞味期限が1週間も切れてしまった!食べられる?

さて、本題です。

賞味期限が切れてしまった場合、食べられるのか?!

ズバリ、その答えは【保存状態による】です!

納豆のパッケージをご覧ください。
【要冷蔵】と表示されていませんか?

要冷蔵と表示されているということは、常温保存をすると食中毒を引き起こす菌が湧く(先述したとおり腐る)可能性があるので残念ながら諦めた方が無難です。

多くの市販の納豆は【消費期限】ではなく、【賞味期限】と表示されているかと思います。

消費期限は、衛生的に食べても安全である期限です。
賞味期限は、美味しくいただける期限です。

きちんと冷蔵保存していた場合は、【賞味期限】が1週間くらい過ぎても衛生的には許容範囲内です。

納豆学会さんの情報によると、要冷蔵の場合は賞味期限が一週間経っても食中毒にはならないそうです。

但し、賞味期限が切れると味が落ちることも意味しているので、一週間もオーバーしてしまうとニオイがキツくなってきたり等、当然美味しくなくなります。

【スポンサードリンク】

安かったから大量購入!冷蔵保存できる?

安いのでついつい大量購入しがちな納豆。

実は、冷凍保存もできます。

但し、パックのまま冷凍庫に入れると冷凍焼けを起こす場合があります。

簡単な冷凍保存方法は、パックのまま1個1個、個別にラップで梱包して大きめのフリーザパックまたは、大きめのタッパーに入れて冷凍庫で保存すると良いですよ。

納豆は一定の条件下では賞味期限が切れても食べられる!

・冷蔵保存してあるという簡単な条件下では、一週間保ちます!
但し、賞味期限が切れてからはどんどん美味しくなくなっていきます。

・大量購入した場合は、冷凍保存がオススメです!

発酵することと、腐ることは似ているようで全く異なることなので保存方法に注意して早めに頂きましょう!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ