爪の甘皮を簡単処理!ささくれにならない方法!

みなさんは爪の甘皮は、どのようにして処理していますか?

下手に爪の甘皮をいじって、ささくれになってしまった人はいませんでしょうか?

実は甘皮の処理には、様々な処理方法があります。

ささくれにならないよう、簡単な処理方法があれば助かるでしょう。

今回は爪の甘皮をささくれにならない、簡単に処理できる方法を紹介します。

爪の甘皮を、ささくれにならないよう綺麗に簡単処理出来るようになりましょう!

【スポンサードリンク】

甘皮を簡単処理で綺麗な指先!

爪の甘皮の処理には、どのような方法をとっていますか?

この部分を処理するだけで、指先がとてもスッキリして美しくなるものです。

綺麗な爪というのは、女性の憧れですよね。

綺麗に仕上げるためにエステサロンなどに通う人もいるかもしれませんが、エステサロンで処置をしてもらうと当然料金がかかります。

エステサロンによっても料金は異なりますが、その中には安いところもあるでしょう。

しかし何度か通うとなると、料金も当然かさみますし、日々の手入れは自分で行いたいですよね。

爪の甘皮の処理は、自分でも簡単に処理できますので、時間があれば一度試してください。

【スポンサードリンク】

月に2回程度を目安に

自分で処理する場合、お風呂に入りながらすると効果的です。

またとても簡単ですので、今日からでもできます。

甘皮が固くなり角質化したものが「ルースキューティクル」であり、爪が伸びる時に、このルースキューティクルが爪に付いて一緒に伸びていきます。

ルースキューティクルというのは、爪の成長を阻害したり、ささくれや乾燥の原因になりますので注意が必要です。

たとえ手や爪の手入れを行っても、ルースキューティクルがあれば栄養分が爪まで届かないこともあります。

しかし、この部分をしっかりと除去すれば健康な爪に変わります。

処理については、だいたい1ヶ月に2回程度の頻度で行うと良いでしょう。

この部分は爪を構成している大切なところでもありますので、頻繁に触りすぎるのは厳禁です。

あまり触りすぎると、爪の表面に傷が付いたりしますので注意してください。

気付いたら処理する感じで構いません。

取り方について

まずはお風呂で、良く温まってください。

いつものように、お風呂へ入るだけで良いのです。

この時は、爪の先までゆっくり温まりましょう。

徐々に爪の先が柔らかくなります。

先が柔らかくなれば、後は綿棒でそっと押し上げるだけです。

この時に力は入れないでください。

そして押し上げると爪の表面に白色の薄い膜ができますので、それを綿棒を使って剥がします。

最後は保湿を行って終了です。

爪の甘皮は、自分で簡単に取ることができますので試してみてください。

またこの場合は、その頻度に注意する必要があります。

あまり頻繁に行うと爪に傷ができる場合がありますので、月に2回程度の処理を目安にしましょう。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ