ミョウバン水(100ml・500ml)の簡単な作り方!ミョウバンと水のベストな比率は?

今、話題のミョウバン水、そしてその簡単な作り方をご存知ですか?

洗濯物の生乾きのようなくさい臭いや、わきが対策にはミョウバン水がオススメです!

ミョウバンを水に溶かすと酸性になります。

そのため、例えば汗をかいてアルカリ性になって菌が発生しやすくなった皮膚に塗ると、皮膚が酸性になり、殺菌され臭いもなくなるという仕組みです。

優秀で、もちろん身体にも無害のミョウバンを使ったミョウバン水を作って消臭しませんか?

今回はミョウバン水の作り方、混ぜ合わせる比重を中心にご紹介します。

ミョウバンはスーパーや薬局でも簡単に手に入ります。

ここでは量的に使いやすい、「100ml」と「500ml」ほどのミョウバン水が簡単に作れる作り方を見ていきましょう!

100mlや500mlのミョウバン水の作り方の比重を覚えて、ぜひ作ってみてくださいね。

【スポンサードリンク】

ミョウバン水の簡単な作り方(材料編)

ミョウバン水の材料はとても簡単・シンプルで、ミョウバンと水だけです。

ミョウバンはスーパーや薬局で購入することができます。

その中で、焼きミョウバンと記載されている商品がありますが、ただの加熱処理したミョウバンですので使用可能です。

水は精製水やミネラルウォーターを使用するのはやめましょう。

水道水をオススメします。

精製水やミネラルウォーターには塩素が入っていませんので、ミョウバン水がすぐに腐ってしまいます。

【スポンサードリンク】

ミョウバン水の比率は?(100mlと500mlを例に)

作り方は簡単で、ミョウバンを水に入れるだけです。

ミョウバン1に対して水30がベストな比率だといわれています。

100mlのミョウバン水を作りたいときは、ミョウバンが3g、水道水100mlが必要です。

500mlのミョウバン水の場合は、ミョウバンが15g、水道水200mlとなります。

ちなみに150mlであればミョウバンが5g、水道水150gとなりますので、これも覚えやすい数値かもしれません。

ミョウバン水の簡単な作り方(実際の作り方の流れ)

ペットボトルに水を入れ、ミョウバンを入れて振ります。

その後、水が白く濁っている間はまだミョウバンが溶けきっていない状態です。

また、ペットボトルの底に白い粒や粉がある場合もまだ溶けていません。

ミョウバンが水に溶け切るまで2〜3日放置しましょう。

※お湯を使って作った場合、より早く溶かすことが出来るでしょう。

完全に透明に変わったら、ミョウバン水原液の完成です。

作り方は非常に簡単で、これだけです!非常に簡単ですね!

ミョウバン水の使い方

スプレーとしての使い方

6倍〜10倍に水でうすめて、スプレー容器に入れましょう。

掃除の際に利用したり、衣服にスプレーしたり、肌に使用したり、幅広く使用可能です!

洗濯に利用する

すすぎの時にミョウバン水を50mlから100ml入れると消臭効果が見込めます。

柔軟剤投入口がある場合、そこに入れておくと良いでしょう。

まとめ

ミョウバン水は、一度作っておけば幅広く利用可能です。

ぜひ一度お試しください。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ