ミョウバン水の使い方!顔や足はもちろん洗濯にも!

ミョウバン水をご存知ですか?

洗濯だけでなく、顔や足などの身体にもと、いろいろと使い方が出来るミョウバン水です。

ミョウバンの作り方やベストな比重などについては別記事の「ミョウバン水(100ml・500ml)の簡単な作り方!ミョウバンと水のベストな比率は?」に詳しく記載しておりますので、ご覧ください。

そんなミョウバン水ですが、今回は使い方に絞って見ていきたいと思います。

実際のミョウバン水の使い方、顔や足などのスキンケアや掃除や洗濯にどのようにして使用すれば良いのかその方法を具体的にご紹介します。

それでは、ミョウバン水の使い方を見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

顔や足などの体のスキンケアとしてのミョウバンの使い方

ミョウバンは水に溶けると酸性になるという性質があります。

肌の細胞は自身で汗やお風呂に入ってアルカリ性になった皮膚を元の弱酸性に戻す働きがありますが、酸性のミョウバン水を使うことで細胞の働きを助けることになるのです。

また、それだけでなく汗が出るのを抑える制汗作用もあります。

汗が出るのを押さえてくれれば、臭いも少なくすることが可能です。

加えて消臭効果もあります。

アルカリ性になった肌から発せられるアンモニア臭に対して、高い消臭効果が期待できるのです。

使い方としては、水に溶かしたミョウバン水を10倍程度に薄めて、スプレータイプのボトルに入れて使うと使いやすいでしょう。

肌のスキンケアとして使用する際も、スプレーとしての使い方が使いやすいでしょう。

あるいはコットンにつけて使用する使い方も良いかもしれません。

また使う場所ですが、脇や足、顔など全身に使用することが可能です。

脇や足のにおいが特に気になる場合は携帯用のスプレーに入れて持ち歩くといいかもしれませんね。

お風呂の湯船に入れて入浴する方法も効果があるといわれています。

湯船に30から50ml程度を入れて入浴してみてください。

ただし、制汗作用がありますので、濃度を濃くしたり、過度の使用はやめておきましょう。

また特に顔に使用する場合は、必ずパッチテストを行ってから使用するようにしてください。

【スポンサードリンク】

洗濯や掃除にミョウバン水を使用する方法

・洗濯の場合

50から100mlのミョウバン水を受難剤を入れるタイミングで洗濯機に投入します。
柔軟剤と併用も可能です。

生乾きの嫌な臭いを防いでくれます。

・ゴミ箱にスプレーする

消臭効果が高いため、生ごみの嫌な臭いを防いでくれます。

・まな板や包丁、食洗機の臭いをとる

ミョウバンは、昔から漬物の色止めに使用されてきたぐらいですので、口に入っても無害です。

肉や魚を切る際に使用したまな板や包丁はどうしても臭いが気になります。

ミョウバン水をスプレーしましょう。

食洗機もどうしても臭いがこもりがちですが、ミョウバン水をスプレーしておけば臭いがとれるだけでなく、カビを防ぐこともできます。

その他ペットを飼っている家でも、消臭剤としても使用することができます。

原液を10倍に薄めて1本用意しておくと、気になった際にすぐに使用できますので、オススメです。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ