つわりのピークは平均でいつ終わるの?仕事や過ごし方で気をつける事は?

妊娠がわかって喜びもつかの間で、つわりに苦しむ女性も多いですね。

辛いつわりのピークはいつ終わるのでしょうか?

平均的にはつわりにピークがいつ終わるかも気になりますね

つわりの間の仕事や過ごし方に気を付けた方が良いこともあるはずです。

今回は、つわりのピークが平均的にみるといつ終わるのか、またつわりの間の仕事や日常の過ごし方の注意点などについてご紹介します。

【スポンサードリンク】

つわりのピークは平均でいつ終わるの?

つわりの重さ同様に、つわりのピークにも個人差があります。

つわりは早ければ5週目ぐらいから始まる人もいます。

なるべく早くつわりがおさまって欲しいと思う人も多いですね。

一般的にピークとして言われているのが、8週目、9週目、10週目、11週目あたりといわれています。

妊娠11週目ぐらいになると徐々に吐き気などの頻度も抑えられてくるようになってくるようです。

16週目ぐらいでほぼつわりを感じなくなるという人が多いようですが、先ほども申し上げたとおり個人差があり、残念ながら妊娠後期まで続く人もいます。

【スポンサードリンク】

つわりの間の仕事や過ごし方の気をつける事は?

つわりにもいろいろな症状があります。

吐き気をもよおす吐きつわり、食べていないと気持ち悪くなる食べつわりなど、症状も様々ですが、自分自身でどういうタイプのつわりかわかってくると思います。

できるだけ日常生活の中で、吐き気をもよおす原因を排除しましょう。

においがダメな場合はマスクを使用したり、口に何かを入れた方が楽な場合は、なるべく糖分の少ないものを摂り入れるようにしましょう。

また、家事の中にも食事の用意やトイレ掃除、ゴミ出しなどに苦痛を感じる場合もあります。

妊娠期間中は匂いに敏感になる場合も多く、ご飯が炊けるニオイや生肉のニオイがダメだと感じる人がいるということも聞いたことがあると思います。

無理をせず、パートナーに理解を求め分担をしてもらい、できる範囲で家事をこなしましょう。

できない自分を責めるのではなく、元気になれば頑張ればよいと言い聞かせ、周囲に助けてもらうことに感謝しながら、身体を休めましょう。

仕事については、置かれている立場や進行中の仕事によってはなかなか無理を言いにくい状況かもしれません。

安定期に入ってから言う場合も多いかと思いますが、つわりで辛い状況であることを伝え、一番辛い妊娠初期こそ周囲の理解を得ましょう。

妻帯者がいる場合はよく理解してもらえると思いますし、女性の多い職場では今後自分にも起こり得ることだと理解も得やすいと思います。

つわりは辛いですが、お腹に新しい命が宿っていると考えると頑張れると思います。

無理をせず、ストレスをためないようにできる範囲で行動し乗り切ってくださいね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ