携帯依存症の症状をチェック!子供の携帯依存症へ対策をうとう!

中学生や小学生の子供の携帯依存というのは、よく見るニュースの1つになってしまいました。

何年か前でしたらこのような、子供が携帯依存になるというニュースを聞くことがありませんでしたが、これも時代の変化でしょう。

携帯依存になるといくつものよくない症状が現れます。

それを防ぐために、親としてはこまめにチェックする必要があります。

この携帯依存を放っておくとあまりよくない症状が悪化してしまうことがあります。

こまめに子供の携帯をチェックして症状が悪化しないように気をつけることが必要でしょう!

子供が携帯依存にならないように、常に悪い症状が出ていないかチェックして対策をとるようにしましょう。

早めに対策をとり、子供が携帯依存の悪い症状にならないように注意しましょう!

ここでは、その携帯依存の症状やチェック方法・対策方法を紹介していきます。

【スポンサードリンク】

子供が携帯に依存していると感じるときは

子供が携帯に依存していると感じる時はどのような時でしょうか?

そしてどうチェックすればよいのでしょう?

いくつかのあまり良くない症状があると思いますが、一番シンプルなものは

「子供の学校の成績が前よりも悪くなった」

でしょう。

子供にこのような症状が出た時は要注意です。

成績が下がったということは勉強の時間よりも他に依存している時間が増えたということです。

そして今の時代その可能性が高いのが携帯です。

子供の友達同士とのやり取りに夢中なのか?

動画やゲームに夢中なのか?

それらは調べてみないとわかりませんが、このような症状が出たときは、携帯に依存し始めている可能性がありますので、すぐにでも対策を考えた方が良いでしょう。

さらに症状が進んでいくと、携帯電話を取り上げただけでパニック状態に陥ることがあります。

このようなパニックになってしまうような子供は、かなり携帯依存の症状が進んでしまってとても良くない状態です。

早急に対策を考えて下さい。

それが子供のためです。

【スポンサードリンク】

携帯依存からの脱却を

携帯依存から抜け出すためには子供との間に決め事を作るようにすると良いです。

この決め事は口約束ではなくきちんと紙に手書きで書いたものが必要です。

パソコンなどを使ったものはダメ。

手書きの方が効果大です。

その決め事を書いたものを子供と一緒に読み上げて、最後に子供に同意しましたという意味でサインをしてもらうようにします。

そのサインしたものをそれぞれが所持するようにします。

なので決め事を書いたものは2枚必要ですね。

書くときに決まり事だけではなく、もしその決まりごとを破ったときの罰のようなものも決めておくとよいでしょう。

罰がないと決まりを破っても何とも思わないことがありますので、ある程度の罰は必要!

具体的な決め事としては、夜は9時になったら携帯電話は絶対に使わない。

学校に携帯電話を持って行くことは禁止。

携帯電話を利用して友達をバカにしたり傷つけるようなことは絶対にしない。

もしこれらの約束を破ったらその場で携帯電話は没収。

などの決め事が考えられます。

それぞれの家庭の事情に合った決め事を作ると良いでしょう。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ