賞味期限切れのめんつゆはどのくらい持つの?開封後・未開封それぞれ紹介!

めんつゆといえば様々な料理に応用できることで有名ですね!

代表的なところで、そばやうどんのつゆ、天ぷらのつゆによく使っているご家庭が多いのではないでしょうか。

今の時期ですと、そうめんや冷や麦でもよく使われますね!

しかし、我が家ではめんつゆを使うと子供達が「またこの味…」と文句をいうので(汗)、ダシはオリジナルでとっています。

そのため、めんつゆの出番はそうめん・冷や麦・天つゆにしか使っていないので小さいサイズのめんつゆを購入しても余してしまいます…。

我が家では賞味期限を切らしてしまうこともしばしばあるのですが、めんつゆの賞味期限を切らしてしまった場合あなたのご家庭ではどうしていますか?

そもそも未開封状態と開封後では持つ期限が違い、それぞれどのくらい持つのかご存知でしょうか?

未開封なら賞味期限が切れた場合でも意外と、長期間使えそうですが果たして…?

今回は賞味期限切れのめんつゆはどのぐらい持つのか未開封と開封後の場合をまとめてみました。

【スポンサードリンク】

賞味期限と消費期限の違い!


賞味期限と消費期限は意味が違う
ので商品ラベルなどの表記をよく確認しましょう。

○消費期限とは○

安全に食べられる期間

安全に食べられる(食中毒などの危険性がない)期間を指します。

消費期限と表記されているものは未開封であろうが開封後であろうが冷蔵または冷凍保存が基本で、その期間内に必ず食べたほうが良いものです。

○賞味期限とは○

賞味期限とは美味しく食べることのできる期間のこと

賞味期限とは美味しく食べることのできる期間のことをさします。

腐らないわけではないのですが、開封後は早めにいただいた方が良いでしょう。

例えば、腐り難い調味料の一つである「酢」も、添加物が入っていれば腐る可能性もあるため、開封後は早めにいただきましょう。

未開封のめんつゆの賞味期限が切れた!料理に使える?

賞味期限が設けられているめんつゆですが、【賞味期限にかかわらず開封後はお早めに使い切って下さい】と表記されていますよね?

未開封のめんつゆは、実際どのぐらいもつのでしょうか?


結論をいうと、未開封のめんつゆは直射日光の当たらない冷暗所に保管し、尚且つ賞味期限が切れてから一年以内であれば多少味が不味くはなるものの料理に使っても問題ないものがほとんどです。

ただし、念のため匂いなどを確認してみてくださいね!

また、だからといって長期保存することは避けて、出来る限りは賞味期限を守って使いましょう!

【スポンサードリンク】

賞味期限が切れた開封後のめんつゆは料理に使える?

さて、賞味期限が切れてその上、開封後のめんつゆはどのぐらい保つのでしょうか?

結論をいうと、勿体無いですが使うべきではありません。

開封後はどうしても空気中の雑菌が入ってしまいます。

冷蔵庫に保管してあったとしても、食中毒になる可能性がある限り料理に使うのは避けたほうが良いでしょう。

賞味期限が切れていない、開封後のめんつゆは?

賞味期限内だとしても開封後数ヶ月経っていたら使うべきではありません。

【賞味期限にかかわらず開封後はお早めに使い切って下さい】を守りましょう!

まとめ

●賞味期限が切れた未開封のめんつゆの場合●

直射日光の当たらない冷暗所に保管して一年以内に使い切る!

●賞味期限が切れた開封後のめんつゆの場合●

冷蔵庫に保管してあったとしても、残念ながら料理には使わないほうが無難です。

●賞味期限が切れていない、開封後のめんつゆの場合●

賞味期限内だとしても開封後数ヶ月経っていたら使うべきではありません。

ついつい長期保存してしまいがちな「めんつゆ」ですが、ルールを守って正しく美味しく頂きましょう!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ