肉と魚どっちが健康的?栄養バランスなどを検証!

健康やダイエットを考えたときに、肉と魚どっちを食事に多く取り入れれば栄養バランスや健康に良いのか気になりますよね。

一般的なイメージでは魚のほうがヘルシーで健康的と思われがちですが、肉には魚だけでは補いにくい栄養が多く含まれています。

ここでは肉と魚どっちが健康的なのか、それぞれの栄養素とおすすめしたい食事のバランスをご紹介します。

【スポンサードリンク】

こんな人におすすめ!肉と魚のそれぞれの栄養!

ダイエットや健康を考えて動物性たんぱく質を抑え、野菜中心の食生活をする方も多いようですが、健康的な身体作りに肉や魚などのたんぱく質と栄養素は必要不可欠です。

魚には、体内で作ることが出来ず魚を食べることでしか摂取できないDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)と呼ばれる不飽和脂肪酸が含まれ、動脈硬化、脳梗塞、糖尿病やうつ病の予防や改善に効果があると言われています。

健康を意識するなら、魚は欠かせないタンパク源です。

では肉を食べるのは健康に悪いかと言われると、そうでもありません。

豚肉には疲労回復に効果がある、ビタミンB1が多く含まれていることが有名です。

牛の赤身肉は鉄分が多く、貧血や新陳代謝の低下の改善効果があります。

このように、肉はビタミンやミネラル、鉄分が豊富に含まれていて栄養価も高く、さらに、若い人に多い洋食中心の食生活であれば、手軽に食べることができるというメリットがあります。

肉と魚なら、魚を食べるように意識することが大切ですが、どちらかに偏ってしまうことは避けるほうがよいでしょう。

【スポンサードリンク】

健康的なバランスとは?気をつけたい肉と魚の食べ方!

肉は栄養価が高いだけではなく、加工品になっていたり、冷凍などの保存もしやすく手軽に食べることができて満足感も得やすい食材です。

栄養価が高い肉は、成長期の子供や高齢者にとって大切なエネルギーになります。

魚は健康に欠かせない食材ではありますが、日ごろから和食に親しみが無く、肉料理が多い食生活をしている場合は、極端に肉を食べない生活は精神的にも経済的にも負担が大きくなり、なかなか長続きしません。

「昨日は魚を食べたから、今日は肉料理にしよう」「肉が続いているから魚料理を食べよう」など、ちょっとした意識で、肉と魚は1:1のバランスを取るように心がけるのがおすすめです。

また、健康を考えるなら、たんぱく質だけではなく野菜やキノコといった副菜やご飯などの主食もバランスよく取り入れることが大切です。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ