結婚に必要な貯金額は?男女で必要な金額

結婚に必要な貯金額はいったいいくらくらいが相場なのでしょうか、自分の貯金しているお金が結婚の準備に十分かどうかを知りましょう。

年代によっても貯金しているお金の額は異なるようです。

特に20代で結婚する方は自分の蓄えがない方も少なくありません。

どのくらいの蓄えが十分七日を知っておくと結婚への準備もはかどりでしょう。

また結婚式にかかる大体の予算は300万から350万円です。

また結婚生活の資金についてもしっかりどれくらいかかるのかを把握していきましょう。

【スポンサードリンク】

結婚生活は余裕を持って

結婚したいけど貯金がどれくらい必要か、女性でも結婚する際は 貯金が必ず少しは必要です。

男の20代でも結婚する際には 貯金があったほうがその後の結婚生活も余裕を持って送ることが出来るようになります。

そのために出来ることなら銀行に結婚資金の専用口座を二人で解説する事をおすすめします。

大手の銀行や銀行でも取り扱っている口座です。

まず結婚式を挙げるのかどうかによって結婚後の生活の余裕が異なります。

女性でも結婚資金を用意する必要があります。

特に男性が家を購入した時には女性が家具を購入するなどしてサポートするためにも女性も貯金をしておくことをお勧めします。

20代の男性でも同じことが言えます。

20代の男性も結婚資金は150万円くらいを必要です。

結婚式を挙げるならば300万円は貯金しておきたいところ、尾祝儀などを含めて考えると結婚式にかかる資金の半分位は自腹でかかります。

結婚式場によっては安く見積もりが可能なケースもあります。

【スポンサードリンク】

「結婚、子育て」資金贈与専用口座

結婚する前に「結婚、子育て」資金贈与専用口座を銀行で開いておくことで結婚、子育て資金を贈与する時に非課税になりおすすめです。

資金を贈与した場合時に税金がかからなくなるため節税にもおすすめです。

また二人で結婚する前に着々とお金をためていくことが出来るのでお勧めです。

もちろん給料引き落としも利用することが出来るので、2年前から給料の20%を結婚資金としてためていくことが出来るようになります。

貯金は結婚する双方が同時に貯金を続けていくとすぐに結婚資金が溜まります最低でも1年くらいは結婚資金をためる準備をしていきましょう。

男性だけでなく女性も給料やボーナスから貯金をしていけばマイホーム購入から余裕のある結婚生活をスタートさせることが出来るようになります。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ