リコピンの効果で髪・肌がきれいに!ダイエットにも!トマトやスイカがオススメ!

トマトやスイカなどに含まれている赤い色素の成分リコピンは、肌、髪への美容効果、そしてダイエットや健康効果もあることで良く知られている成分の一つです。

とくにスイカは、トマトよりリコピンの含有量が多いことで美容効果への関心が高まっています。

では、そもそもどうしてリコピンはダイエットや健康に効果があるのか?具体的にどんな成分なのでしょう?

ここでは肌や髪に働きかける仕組み、ダイエットのための効果的な食べ方などをご紹介します。

【スポンサードリンク】

お肌や髪の美容だけじゃない?トマトやスイカのリコピン効果!

リコピンとは自然に存在する色素成分、カロテノイド色素の一つです。

他の野菜から摂取できる成分と比べても抗酸化力に優れていて、緑黄色野菜に多く含まれているベータカロチンと比べても2倍の効果があります。

リコピンの抗酸化力は効率的に摂取することで、日常のストレスや偏食、過食、紫外線などで余分に作られた活性酸素を消去してくれます。

活性酸素は本来身体の中に一定数あり、お肌では紫外線など外部からの刺激に対しメラニン色素を作り、肌を守る機能を担っており、身体に無くてはならないものです。

ところが、ストレスや過度の刺激で活性酸素が増えすぎてしまうと、メラニン色素も余分に生成されるためシミの原因になったり、コラーゲンの劣化を招きシワやたるみ、頭皮や毛髪へのダメージとつながってしまいます。

お肌や毛髪だけでなく、血管など全身の細胞の酸化を早めてしまうため、新陳代謝の低下が太りやすい体質を作り、動脈硬化、ガンなどの様々な病気の原因になります。

リコピンの抗酸化力は全身の酸化を予防し、見た目の美しさを保つだけではなく、代謝を上げることで身体を活性化させ健康的に、美容やダイエットへ働きかけることができるのです。

【スポンサードリンク】

スイカのリコピン効果はダイエットにも最適です♪

トマトで有名なリコピンは、人参やナスなど食卓でもおなじみの野菜や、サクランボやプラムなどの果物にも含まれていますが、そのなかでもスイカは、実はトマトよりも多く含まれているのをご存知でしょうか?

トマトはいろいろな料理として調理可能で、油と一緒に摂取することでその吸収率が良くなるので、毎日の食事に取り入れやすい食材ですが、調理をすると塩分の使用を避けられないため、むくみの原因に指摘されることがあります。

そこで、置き換えダイエットや間食として、塩分や油分を摂らずに一品でリコピン効果を取り入れるなら、スイカがオススメです。

スイカは低カロリーでありながら、リコピンだけでなく緑黄色野菜と同程度のベータカロチンやビタミンCも含んでいます。

また、むくみや冷え性の予防改善が期待されるアミノ酸「シトルリン」を含んでいるのでいるのでダイエットには最適の食べ物です。

効果や上手に取り入れて肌や髪をキレイに美しく保ち、健康的なダイエットに役立てたいですね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ