電球のワット数の違い!違いは明るさだけ?

家の照明器具を選ぶとき、決め手はワット数というよりもデザインや部屋の雰囲気にマッチするか否かで決めることが多いのではないでしょうか。

照明の電球が切れて購入しようとして初めてこれは60ワットの電球だったのかとワット数を知ったという経験がありませんか。

そもそも電球のワット数とは何と思っている方も意外と多いのではないでしょうか。

ワット数が違うと何が違うのという今さら他人に聞きにくいという方もいらっしゃるでしょう。

今回は電球のワット数についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

電球のワット数とは?

電球に書かれている、60ワットや100ワットなどのワットはWと書かれていることもあります。

ワット(W)は消費電力の単位で明るさを示す単位ではありませんが、明るさの目安にもなると言われており、ワット数が大きい方が明るいとされています。

例えば40ワットの電球と60ワットの電球であれば60ワットの電球の方が明るいことになります。

【スポンサードリンク】

ワット数の違いは明るさだけじゃない

ワットは消費電力の単位だと既に紹介しました。

電球が消費する電力をあらわしています。

ワット数が大きい方が消費電力は高くなります。

消費電力が大きくなると、電気代が高くなります。

つまり、ワット数が大きくなるとその分明るくなり、消費電力も電気代も高くなるということになります。

その上、電球のワット数が大きくなると、出る熱も高くなります。

ここで注意していただきたいことがあります。

60ワットの電球が切れて、家にたまたま100ワットの電球が余っていたからとりあえずつつけてみようと考える方いらっしゃいませんか。

60ワットの電球の代わりに100ワットの電球をつけてみると、確かに電気はつきます。

電気がついたからこれでいいかなとついつい考えてしまいますね。

ちょっと待ってください。

照明器具は60ワットの電球をつける規格で作られているのにもかかわらず、100ワットの電球をつけるとどうなると思いますか。

明るさは明るくなりますが、電球から発せられる熱も高くなるのです。

照明器具が熱に耐えきれず、プラスティック部分や部品が溶けるなどの事故につながる可能性もあります。

十分に注意してくださいね。

なお照明器具に60ワットと指定がある場合、60ワット以下、例えば40ワットの電球を使用しても暗くなるだけで問題はありません。

電球が切れたら、まずは電球のワット数を確認して同じものを購入するのが間違いないようですね。

ただ、前述の情報を参考にして消費電力を抑えて流行のエコ生活を目指してみる方法もオススメです。

トイレや浴室、廊下などの明るさを重視しない箇所の電球についてはワット数を落とした電球に換えると電気代が少しは安くなります。

一度お試しください。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ