足の汗は冷え性が原因かも?マッサージやストレッチで対策しよう!

「冷え性で手足は冷たいのに足の裏や手のひらに汗をかく」「寒いはずなのに足に汗をかいて気持ち悪い」そんな経験はありませんか?

実は、その異常な汗の原因は冷え性かもしれません。

冷え性は「緊張やストレス」「自律神経の乱れ」「運動不足」などが原因で血行が悪くなり体温調節がうまくできないことで起こります。

冷え性対策にはマッサージやストレッチで血行改善を行って、足の汗の原因を解消しましょう!

冷え性の対策をしないでいると温度差の影響も受けやすくなってしまいます。

さらには些細なストレスの影響も受けやすくなってしまいますので「寒いはずなのに足に汗をかいて気持ち悪い」状態になってしまうのです。

マッサージやストレッチは血行改善やリラックス効果があり、いつでも簡単に行える冷え性対策として効果があります。

ここでは汗をかく原因と対策、おすすめのマッサージとストレッチをまとめてみました。

【スポンサードリンク】

いつでも簡単♪ふくらはぎのマッサージやストレッチがおすすめ

足の冷え性対策は、ふくらはぎのストレッチやマッサージがおすすめです。

ここでは日常の合間に行える簡単な方法を、2つ紹介します!

アキレス腱伸ばし

まっすぐに立った姿勢で、片足を後ろに一歩下げ、前の足に体重を移動させながらふくらはぎを伸ばすストレッチです。

準備運動などで、子供の頃に「アキレス腱伸ばし」として行ったことがある人も多いと思います。

※その際、壁などに手を付いて行うと、より効果的です。

重心移動を意識し、左右交互に10秒ずつ三回を1セット行いましょう!

仕事の合間や移動時間の隙間などに意識して行ってみてください。

ふくらはぎのマッサージ

お風呂上りやリラックスタイムに、足首から膝裏に向けて優しくさするように揉みあげてみましょう。

ふくらはぎ全体が温まったら気持ちよく感じる程度の力で揉みましょう。

足の指で「グー」と「パー」を作ったり、足の裏を手のひらで暖めるマッサージを一緒に行うとより効果があります。

足のマッサージは、むくみなどにも効果があるため、ぜひ日常的に行っておきましょう!

【スポンサードリンク】

足汗対策!冷え性の改善には生活習慣の見直しも?

自律神経の乱れが原因で起こる冷え性や多汗症は「現代冷え」とも呼ばれており、悩みを抱える人は多いようです。

クーラーの効いた部屋で一日中過ごしていたり、深夜の食事や夜更かしを行うと、交換神経と副交感神経のサイクルを乱し、体温調節機能が衰えて冷え性に繋がります。

極度の緊張やストレスを長時間受けた場合も、自律神経が乱れて血行を妨げ、冷えの原因になります。

これらの問題は、冷え性や汗だけでなく、免疫力を低下させて様々な不調や病気の原因にもなるため、自覚症状があるのであれば、早めに対策を取る必要があります。

生活習慣の見直しをして、バランスのよい食事や運動を取り入れた規則正しい生活と、適度な休息やリラックスを心がけて、身体を温めるようにしてください。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ